看護学科

科学的な思考力と実践的なスキルを備えた、人間性豊かな看護職をめざして

看護学科について

今、医療の現場では、さまざまな課題に対応するため多種多様な人々が連携して働いています。
看護学科では、卒業後に看護の専門家として、人々に寄り添う人間性と最新の医療技術を身につけ、他の専門家をつないでいく能力を持って活躍する人材を育成しています。これからも医療の現場は高度化・複雑化していくでしょう。そのなかで、看護師・保健師・養護教諭の資格を持つ看護の専門家として生涯仕事をしていくためのスタート地点がこの学科にはあります。


対象に合わせた看護の技術と知識を身につける

看護学は、小児期・成人期・老年期など看護対象の段階(ライフステージ)に応じて多様な専門領域に枝分かれしています。より適切な看護を行うために、それぞれのライフステージに応じた看護技術を講義や演習を通して学び、学外実習を経て身につけます。

ライフステージ看護学概論

【1年後期】ライフステージ看護学概論Ⅰ

看護の対象である人を、人生の段階ごとに分類した「ライフステージ」という考え方のもと、各年代の人間の心身の特徴や生理的変化について学びます。また、各ステージにおける健康問題や、家族の担う役割についても理解を深めます。

成人看護援助論

【2年前期】成人看護援助論Ⅰ

ライフステージの中でも、特に中核を成す成人期についての理解を深め、健康問題について考えます。成人期の健康維持・増進から、疾患時の看護の方法、患者教育のプロセスなどを、講義とグループワークなどの演習を通して総合的に学びます。

在宅看護学1

【3年】在宅看護学

さまざまなライフステージや健康レベルにある在宅療養者と、その家族の療養生活におけるニーズを理解します。
家族援助や、地域での療養生活を支援する関係機関・職種の関わり、連携方法についても学びを深め、基礎的な実践能力を身につけます。在宅看護学実習では、訪問看護ステーションで2日間、地域療養支援部署で1日間の実習を行います。実習のまとめとして授業の中でグループワークや全体のカンファレンスを行い、学生同士で理解を深めます。

学びフロー


取得資格について

看護師国家試験受験資格

看護師国家試験を受験することができる資格です。国家試験に合格することで看護師として働くことができます。
看護師は 医療の第一線で活躍しており、ときには患者の精神的支えになるなど、病院内での役割は大きい仕事です。高齢社会に向けて、ますます需要は高まっています。

保健師国家試験受験資格 (*)

保健師国家試験を受験することができる資格です。国家試験に合格することで保健師として働くことができます。
健康に関する相談を受けたり、指導や健康診断を行うなど、主に病気予防に関わる活動に従事しており、健康・保健知識の啓蒙活動を通じて、住民の生活向上を図る重要な役割を果たしています。

養護教諭一種免許状 (*)

小・中・高等学校において、児童・生徒の心身の健康管理を行うと同時に、学校の保健教育の担い手にもなっています。いわゆる「保健室の先生」です。

(*) カリキュラムの都合上、保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状に関する科目は選択制となっています。

TOP