食資源開発学類

食資源開発学類

Searching for novel
& superior food ingredients.

農・畜・園芸・水産物の“食の資源”の生産・加工方法などの学修に始まり,
より価値の高い食資源の開発について探求。
さらに,ビジネスの視点も交え,食資源を通じた実践的な社会との関わり方を学ぶ。


食材生産の未来に光を! フードシステムの川上を豊かに

大竹秀男教授

川は川上の豊かな栄養を含んだ水を川下へと運び,栄養に富んだ平野を作り,海も豊かにします。食産業学群をフードシステムの川に例えると,食資源開発学類は川上に,フードマネジメント学類は川下に相当します。食資源は大きく植物性と動物性に分けられますので,コースは動物生産科学コースと植物生産科学コースから成っています。また,コースとは別に,食材生産の基盤となる環境,経営・経済および水産資源についても同時に学べます。循環型食材生産を視野に入れ,食材の生産,それを取り巻く環境などの基本的な学修から付加価値の高い食資源の開発など,食産業の上流を広い視野で捉えていきます。専門的な学びを通じて,実践的な社会との関わり方を考え,未来に向けたより良い食資源の生産・確保について一緒に考えてみませんか。

食資源開発学類 学類長
大竹秀男教授


授業紹介

食材生産・加工実習Ⅰ

食材生産・加工実習Ⅰ

生産現場を体験し,基礎を学ぶ

イネ栽培,野菜栽培,乳牛からの搾乳等の実習を通して,食料生産の基礎を学びます。

動物生産基礎実験Ⅰ

動物生産基礎実験Ⅰ

動物の扱い方から遺伝子解析まで

マウスや大型動物を使った実験により,動物の扱い方や動物実験の基礎を学びます。

動物性食材生産学Ⅱ(肉)

動物性食材生産学Ⅱ(肉)

動物性食材生産の現状とこれから

牛肉・豚肉・鶏肉等を中心に解説し,これからの動物性食材確保について議論します。

植物性食材生産学Ⅰ(食用作物)

植物性食材生産学Ⅰ(食用作物)

命を支える農作物の生産を学ぶ

活動のエネルギー源となるイネ等の穀類やマメ類・イモ類の特質と生産方法を学びます。

付加価値植物性食材生産法

付加価値植物性食材生産法

消費者が求める農作物とは?

魅力的で高い競争力を持つ農作物の生産技術を学び,必要な技術開発について考えます。

食材生産経営学

食材生産経営学

経営者の視点から考える農業・水産業

新たな食材や生産方法の開発をビジネスとして発展させるために必要な知識を学びます。


Student Voice

秋山紀賀

“食”という観点から,幅広く,多角的に。

秋山紀賀さん
宮城県石巻西高等学校出身

食資源開発学類では,経済や環境など“食”を取り巻く事象についても幅広く学べるため,“食”を多角的に考える機会に恵まれていると感じます。また,学生と教員の距離がとても近いので,いつでも気軽に質問することができ,講義や実習での不明点などをその場で解決できるメリットもあります。


取得できる資格

○家畜人工授精師(牛)
○食の6次産業化プロデューサー
○食品衛生監視員
○食品衛生管理者
○HACCP管理者

食資源開発学類で,卒業または特定の科目の修得によって学修分野に関する上記の資格が取得できる予定です。


研究室紹介

須田研究室

須田研究室

牛霜降り形成機構解明と豚免疫能改良に挑む

霜降り形成機構は未だ謎。世界的和食材の霜降り肉形成に関わる遺伝子群をゲノムレベルで探索し,DNA塩基配列への化学分子のダイナミズムに挑みます。また,遺伝的改良を加え,腸内フローラを制御し,免疫能を高めて病気に強く,美味しさ成分が多い豚肉を産み出す研究もしています。

日渡研究室

日渡研究室

植物の環境応答のしくみを解き明かす

植物は光などの環境刺激に柔軟に応答し生育します。このしくみを理解し,生育を最適化することで,食料生産の増加が見込まれます。重力も生育に影響を与える重要な環境刺激の一つで,地上実験のみならず宇宙での微小重力実験も行いながら,重力応答の分子的なしくみを研究しています。


4年間の学び

4年間の学び


卒業生の活躍

芳賀圭太

卒業生の活躍

卒業生の活躍

初心,学び,仕事。すべてがつながっている。

日本ハム食品株式会社 関東プラント
製造1部チルド製造課 主任
芳賀圭太さん(2015年3月修了)

私は養豚業を営む叔父の影響で,自分で作る商品を,自信を持って“おいしい”と薦められる仕事に就きたいと思い,食品の生産・加工〜流通・消費まで学べる宮城大学へ進みました。大学では動物の生産・飼養を専門に学びながら,食品加工について幅広く学んで興味を広げたことが,現在所属する食品メーカーへの就職につながっています。
現在はハンバーグ製造工程管理の業務に従事し,商品開発や品質保証など多くの部署と協力しながら,安全・安心・おいしいハンバーグを効率的に生産できるように機械の調整や出来高の管理を行っています。大学の学びや研究を通して原因追究・挑戦を繰り返してきた経験が,こうした製造行程管理における問題解決力の基盤になっていると感じています。


人の「わからない」に答えよと指導してくれた恩師の言葉

株式会社サカタのタネ
君津育種場 育種第1課
板井恒篤さん(2012年3月卒業)

私はいま,トマトの育種業務を担当しています。品種を開発する際には,優れた収量性や栽培性(栽培のしやすさ),食味の良さなどを考慮しますが,狙い通りの形質を付加できた時は,やっぱりうれしい。お客様に喜んでもらえた時にはなおさらです。
私が学んでいたのは食産業学部のファームビジネス学科で,植物に関する研究職に就きたい気持ちで育種会社への就職を志望しました。いざ実務にあたってみると,植物育種学,病理学,生理学など,研究室で学んだことが,そのまま役に立っています。
研究室の恩師に教わって今も心に留めているのは「君がわかっていることを、みんながわかっていると思うな」という言葉。新品種の説明会などでは,相手の立場に立ち,噛み砕いて伝えることを、いつも心がけています。


進路データ

進路データ

TOP