地域創生学類

地域創生学類

Creating sustainable communities.

人口減や震災などによる地域ごとの課題をいかに解決していくか。
地域政策や協働のまちづくり,コミュニティビジネスの手法を学び,
地域活性化に貢献できる原動力となる人材を育てる。


科学的・技術的根拠から,地域の魅力を輝かせる

佐々木秀之准教授

現在,多くの人々が地域の中で活躍しています。地域創生の動きです。地域社会に生きる私たちは,持続可能な発展を念頭に,限られた資源の中で,地域の魅力を最大限に光らせる取り組みについて考えていかなければならない時代に生きています。そこで鍵を握るのが,“エビデンスド・ベースド・ポリシー”という概念です。科学的・技術的な根拠に基づく政策やプロジェクト企画実行の方法論であり,地域創生学類ではこうした理念を掲げながら,多様な科目からその方法を身に着けます。また,実際にフィールドワークを通じて,科学的・技術的な視点と地域へのあたたかいまなざしを併せ持ち,実践的に地域社会へ貢献できる人材の輩出を目指しています。ともに魅力ある地域社会の創造,ソーシャルイノベーションに取り組みましょう。

地域創生学類 学類長
佐々木秀之准教授


研究室紹介

石田研究室

石田研究室

これからの公共経営を考えるために政府・行政,企業,地域組織,NPOというプレイヤーに目を向ける

どんなテーマで研究するかについて学生みんなで議論します。石田研究室ではNPOやフィランソロピーをテーマに掲げており,防災政策や環境政策,公共経営や公共サービスの供給などの社会課題を検討するにあたり,NPOのミッションやガバナンス,財務・人材のマネジメントやマーケティング,ICT利用と広報などについて学びます。また,協働関係を結ぶ政府・行政,企業,地域組織も含めてヒアリング調査やデータ分析を行っています。各プレイヤーの役割に目を向け,社会課題の解決方策を模索しています。

石内研究室

石内研究室

災害の記憶や教訓を生かした,地域防災力の向上に向けた取り組み

南海トラフ巨大地震の発生が危惧される地域で,住民への意識調査の結果,この20年間で阪神・淡路大震災時の記憶や教訓が風化し,災害に対する意識の低下や教訓が生かされていない現状を把握しました。そこで石内研究室では,地域住民と街歩きや防災マップの作成といった事前準備を実施することで,地域防災力の向上に向けた取り組みを推進。災害の記憶を風化させずに,教訓として後世に残して行くためにはどうすればよいか。今後さらに追求し続けて行かねばならない重要な課題であると考えています。


Student Voice

沼田亜沙子

固定観念にとらわれず,学びを深められる。

沼田亜沙子さん
尚絅学院高等学校出身

地域についてだけでなく,経済学や金融学,社会学など様々な分野について学べること。そして座学だけでなくフィールドワークを通して,仲間と協働するスキルや課題の分析・解決能力を養えること。まだ歴史の浅い学類ですが,それが地域創生学類で学ぶ最大の魅力です。


授業紹介

地域分析学

地域分析学

地域創生を成功へと導く分析力を

日本各地で地域創生の取り組みが活発化する昨今。政策を考える上で重要な人口構成や産業構造といった地域の実情をまず的確に把握する能力が求められています。そこで本講義では,地域分析において必須の技術となる情報の適切な収集〜定量化・データ化・可視化の修得を目指します。

地方自治

地方自治

地域マネジメントを,より実践的に学ぶ

将来,民間企業・行政・NPOなどで働く上でも,地域で生きる個人としても,新しい地方自治の視点を持つことは重要です。本講義では,地方自治の歴史から地方分権の流れを学び,地域で活躍するプレイヤーについて理解を深め,どのような形で地域をマネジメントできるかを考えます。


4年間の学び

4年間の学び


卒業生の活躍

土合和樹

卒業生の活躍

卒業生の活躍

前例がないなら,やってみる。自らつくる。

株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング 取締役 海外事業部長
土合和樹さん(2008年3月卒業)

大学卒業後は,総合商社で海外に発電所や空港をつくる部署に所属し,エジプトやインドなどの発展途上国で目標としていた仕事ができていました。しかし東日本大震災をきっかけに,東北に戻り東北が東北らしく輝き誇れる仕事に挑戦しようと思っていたタイミングで,同窓の津田祐樹さん(事業計画学科・2005年卒)に誘われ今に至ります。
現在は,主に地域の生鮮海産物の海外輸出や産地 PR, 東北の農水産食品事業者の海外輸出拡大支援に取り組み,東北がいつか世界の料理人や食通たちの憧れの地となるその礎をつくることを目標にしています。大学時代に体感することで養った「ないものは,自らつくればよい。前例がないなら,やってみればいい」という精神は,今も日々現場で活かされています。


進路イメージ

地域創生学類では,地域のコミュニティをマネジメントし,課題を解決しながら持続可能な地域の発展を考えていけるプランナー,閉塞する地域を突破していける人材の育成(自治体・企業等への輩出)を目指します。

進路イメージ

TOP