アドミッションポリシー(大学院)*

宮城大学大学院が求める学生像と入学者選抜の方針

大学院が求める学生像と入学者選抜の方針

【求める人材像】

宮城大学は,本学の理念や各研究科の人材養成目標を理解し,意欲を持って主体的に学修に取り組み,高度専門職業人又は研究者として積極的に地域社会に貢献しようとする意志と,そのための基礎となる広い視野と必要な学力を備えた学生を求めています。なお,各研究科のアドミッション・ポリシーも併せて参照してください。

【入学者選抜方針】

専門科目,外国語(英語),小論文,面接,口述試験、提出書類などによって,必要な学力,意欲,適性を評価します。なお,各研究科のアドミッション・ポリシーも併せて参照してください。

看護学研究科志願者に求める学生像と入学者選抜の方針

【求める学生像】

看護学研究科博士前期課程では,高度な研究能力及び高度に専門的な職業能力を身に付けるために必要な学力,意欲,適性を持った人を受け入れます。

看護学研究科博士後期課程では,看護実践経験に基づく専門知識と実践力を有し,高度看護実践指導者や看護教育研究者を目指す人を受け入れます。

【入学者選抜方針】

看護学研究科博士前期課程では,専門科目,外国語(英語),小論文,面接,提出書類等によって,必要な学力,意欲,適性を評価します。社会人については特別入試によってこれを評価します。

看護学研究科博士後期課程では,専門科目,外国語(英語),面接、提出書類等によって,必要な学力,意欲,適性を評価します。

事業構想学研究科志願者に求める学生像と入学者選抜の方針

【求める学生像】

事業構想学研究科博士前期課程では,事業構想に関する知識やスキルの高度化に強い意欲を持つ人を受け入れます。

事業構想学研究科博士後期課程では,事業構想に関する専門的な知識又は高度な経験を有し,自らの専門領域の研究に強い意欲を持つ人を受け入れます。

【入学者選抜方針】

事業構想学研究科博士前期課程では,以下の入試方法により学力,意欲及び適性を評価します。

(1)一般選抜試験では,専門科目,英語、面接、研究計画書等出願書類の内容により,学力,意欲,適性を評価します。また,社会人特別選抜試験,外国人特別選抜試験では,これらのうち,英語を除いた科目等により,評価を行います。
(2)専門科目では,専門領域に関する知識や論理的思考能力,表現力などを総合的に評価します。
(3)面接では,自らの専門領域のみならず関連領域に対する関心,勉学や研究に対する意欲,コミュニケーション能力などを評価します。

事業構想学研究科博士後期課程では,以下の入試方法により学力,意欲及び適性を評価します。

(1)選抜は,専門科目,口述試験(面接を含む)及び研究計画書等出願書類の内容を総合的に評価します。
(2)専門科目試験では,入学後の研究内容に関連する知識及び論文執筆能力について評価します。
(3)口述試験では,これまでの研究内容,実務経験及び入学後の研究計画等について問うことで,研究遂行能力、意欲、コミュニケーション能力などを評価します。

食産業学研究科志願者に求める学生像と入学者選抜の方針

【求める学生像】

食産業学研究科博士前期課程では,食産業に関する知識や経験を持ち,専門領域の知識や技術の応用・高度化を求める人を受け入れます。

食産業学研究科博士後期課程では,食産業に関する知識や経験に基づいて,自ら専門領域の知識や技術のフロンティアを切りひらく強い意欲のある人を受け入れます。

【入学者選抜方針】

食産業学研究科博士前期課程では,以下の入試方法により学力,意欲及び適性を検査することで、判断します。

(1)入学者選抜は,一般選抜又は特別選抜(社会人)によって行います。
(2)一般選抜では,外国語(英語),専門科目1科目、面接(希望する専門分野に関する口頭試問を含む。)及び出願書類の内容をもって総合的に判断します。
(3)特別選抜(社会人)では,面接(希望する専門分野に関する口頭試問を含む。)及び出願書類の内容をもって総合的に判断します。

食産業学研究科博士後期課程では,以下の入試方法により学力,意欲及び適性を検査することで,判断します。

(1)入学者選抜は,一般選抜又は特別選抜(社会人)によって行います。
(2)一般選抜では,外国語(英語),専門科目1科目,面接(希望する専門分野に関する口頭試問を含む。)及び出願書類の内容をもって総合的に判断します。
(3)特別選抜(社会人)では,面接(希望する専門分野に関する口頭試問を含む。)及び出願書類の内容をもって総合的に判断します。

TOP