ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 共通教育科目 授業紹介 > 日本事情Ⅱ
授業紹介 Index

日本事情Ⅱ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月2日更新

ティモシー・ジョン・フェラン 教授

日本事情
外国人留学生を対象とした授業です。主に日本の世界遺産、宗教、都道府県につい勉強します。県名の由来、特徴、名物、観光スポット、県民性等の勉強をとして、日本の歴史を学びます。
多くの大学では日本事情を担当するのは日本人の教員ですが、本学でこの授業を担当する教員は35年近く日本に滞在経験をもつアメリカ人です。留学生と一緒に「外国人」の目から見た日本を勉強します。
また、授業の一環として、「田植え」・「稲刈り」実習や世界遺産平泉見学、歌舞伎の観劇等、実際に日本を体験できる機会もあります。
<写真>フェラン教授が現在の日本が抱える問題について外国人留学生に紹介する様子。
[[class-freearea]]