ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 事業構想学部 授業紹介 > <ゼミ・研究室紹介>風見ゼミ
授業紹介 Index

<ゼミ・研究室紹介>風見ゼミ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月13日更新

「持続可能なまちづくり」を学ぶ

ゼミの集合写真 フィールドワークの様子

<左>ゼミの集合写真

<右>フィールドワークの様子

この研究室で学べること

 風見ゼミのテーマは、「持続可能なまちづくり」です。
 持続可能なまちづくりの実現には、地域の人々が、地域の未来を、地域主体で考えることが必要になります。
 21世紀における持続可能な社会の構築のためには「地域に根差した志のあるビジネス」を創造し、行政、企業、市民などの多様な連携により、持続的で豊かな地域を具現化する人材の育成が重要になります。
 このゼミでは、様々な自治体と連携しながら、地域の自立や個人の幸福を追求するまちづくりやその事業展開について研究・実践を進めていきます。
 エコロジカルプランニング、コミュニティビジネスなどの手法を学びながら、持続可能なコミュニティ創造の実現に向けたプロジェクトを地域とともに策定していきます。


事業構想学部事業計画学科 教授 風見 正三

所属する学生の声

自らの足で出向き、地域の中で学びを深める

西村さん

震災を機として地域活性に興味を持ち、このゼミを選びました。
様々な地域に自らの足で出向き、地域ごとの問題を解決するための提案をする。座学も大事ですが、より行動したいタイプの私にはこのゼミが合っていると思いました。交流の幅も広がりとてもいい経験になります。

事業計画学科4年 西村 惇さん
(宮城県宮城野高等学校出身) 

 

「地元を活性化させたい!」想いが学びの原動力

足利さん

高校の頃から「地元を活性化させたい」という想いがあり、大学でまちづくりに関する講義を受講するうちに風見先生と出会いました。
ゼミでの活動を通じて様々な方と接する機会が増え、意見交換をすることで私の価値観や考え方を変えるきっかけをくれます。
地元である大崎市を担う人材になるべく、このゼミの活動を通して「地域づくり」について学んでいきたいです。
家族のようにアットホームな雰囲気もゼミの魅力の一つです。

事業計画学科4年 足利 文香さん
(宮城県古川黎明高校出身)



関連リンク(学部・学科紹介)

事業構想学部事業計画学科デザイン情報学科