ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学部 授業紹介 > 農産食品学
授業紹介 Index

農産食品学

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月15日更新

石川 伸一 准教授

農産食品学

 私たち人間は、他の生物を食物として食べないと生きていくことができない従属栄養生物です。ヒトは植物(農産食品)を食べることもあれば、植物を食べて成長した動物(畜産食品、水産食品)を食べることもあります。動物を食べる場合でも食物連鎖を考えると、間接的に植物を食べていることになります。
 私たちが普段食べている食品の実に約66%(重量換算)が穀類、イモ類、豆類、野菜類などの農産食品です。
 農産食品学では、農産食品の種類と特徴を学び、農産食品の多様性と食において農産食品が果たす役割の重要性について理解することを主たる目的としています。
 講義では、農産食品の問題に関して考えさせる小テストを毎回実施しています。さらに、講義内で受講者全員が、農産食品の新商品に関するプレゼンテーションを行っており、毎年たくさんのアイデアが活発に飛び出しています



教員プロフィール:石川 伸一 准教授


関連リンク(学部・学科紹介)

食産業学部ファームビジネス学科フードビジネス学科環境システム学科