ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学部 授業紹介 > 食材加工実習及び加工法
授業紹介 Index

食材加工実習及び加工法

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月29日更新

石田 光晴 教授、西川 正純 教授、毛利 哲 准教授

  食材加工実習及び加工法

この科目では、
(1)各種加工食品の製造原理を説明でき、試作できる人材
(2)製造フローチャートを留意点と共に作成できる人材
(3)食品工場の製造・衛生管理システムを説明できる人材
の育成を目指し、「食」に関する幅広い知識と技術力を養うことを目的としています。
実習では、食品衛生管理を意識しながら、味噌やヨーグルトを始めとする様々な食品の加工について実践的に学びます。さらに、地元で生産された生鮮素材を中心に使用し、笹蒲鉾などの宮城県ならではの加工も行います。
また、食品加工全般の理解を深めるため、関連する食品工場の見学も行っています。


教員プロフィール:石田 光晴 教授西川 正純 教授毛利 哲 准教授


関連リンク(学部・学科紹介)

食産業学部ファームビジネス学科フードビジネス学科環境システム学科