ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学部 授業紹介 > 環境生物工学
授業紹介 Index

環境生物工学

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月20日更新

笠原 紳 教授

環境生物工学
生物の機能を利用した新たな技術の導入は、食産業における生産環境の保全や廃棄物問題の解決に貢献するものです。環境生物工学では、生化学や分子生物学、バイオテクノロジーの基本を学んだ上で、酵素を用いた物質の分解や変換、遺伝子組換え、環境修復やリサイクルに関連する生物工学の原理・技術について解説します。さらに、マイコウイルス(カビに感染するウイルス)を用いて植物病害を制御する方法、バイオ燃料生産等の環境負荷低減の方法や金属汚染土壌のバイオレメディエーションなど、農・環境分野における生物工学の可能性について考えます。
[[class-freearea]]


関連リンク(学部・学科紹介)

食産業学部ファームビジネス学科フードビジネス学科環境システム学科