Keyword

国際看護、感染管理、フィジカルアセスメント

日本を含む世界で起こる感染症へ、私たちができる対策を検討しています

松永 早苗

看護学群

松永 早苗

Matsunaga Sanae

講師/看護学修士

研究内容・実践活動

温暖化に伴い発生する感染症や、グローバル化が進み世界へ広がる感染症に対する研究に取り組んでいます。
近年、日本においても、温暖化が進み、聞きなれない感染症が発生しています。また、自然災害も頻繁に発生しており、その対策の一つとして感染対策が人々の生活を支えるうえでの重要な課題となっています。
菌やウイルスを、この世の中から排除することはできません。世界の人々の文化背景に沿いつつ、人々の暮らしが感染症に脅かされることなく、ウイルスや菌と共存できる社会を、「感染症の看護」の視点で考えています。

狂犬病の対策

狂犬病の対策

パラオ共和国での滅菌物の管理

パラオ共和国での滅菌物の管理

スリランカ農村地区の女性の健康調査

スリランカ農村地区の女性の健康調査

産学官連携の可能性

・「感染症」に関わる商品開発や生活環境の整備を一緒に考え、必要に応じて対象となる方へ実践するための教育を行うことができます。
・輸入感染症、人畜共通感染症の調査に一緒に取り組み地域の特性にあう感染対策を検討することができます。
・自然災害時に援助を担う方への感染対策に関する教育を検討し、実践に役立つ教育プログラムを検討しています。

TOP