Keyword

地域包括ケア、多職種連携、認知症ケア、高齢者、家族支援

多職種連携研修でケアの改善・職員の満足・組織の改善を促進します

大塚 眞理子

看護学群

大塚 眞理子

Otsuka Mariko

教授/博士(看護学)

研究内容・実践活動

病院や福祉施設・地域では、チーム医療や多職種連携が当たり前になっています。しかし、職種間の対立や当事者不在の状況もよく聞きます。そこで、専門職の連携力向上の研修プログラムを開発し、ケアの質改善に取り組んでいます。これまでに、病院の中堅職員の連携力を評価する評価尺度(OIPCS-26)、病院の全職員の連携力を評価する評価尺度(OIPEC-R24)の開発、ファシリテーター養成研修プログラム、リーダー養成研修プログラム、退院支援カンファレンスDVD作成、認知症長期療養支援マップ、連携事例の検討用フォーマット作成など、研修プログラムや研修教材を開発してきました。また、これらの研修は、経験学習理論に基づき、様々な研修に応用できるように作成しております。
病院や福祉施設内の多職種研修、地域の多機関間連携のための研修を実施するにあたり、研修組織や研修対象者の課題分析をしたうえで、ご要望に応じて研修プログラムをご提案し実施し評価いたします。

A病院全職員の連携力

A病院全職員の連携力

保健医療福祉の専門職が有する連携力の構造

保健医療福祉の専門職が有する連携力の構造

専門職連携によるケアの評価視点

専門職連携によるケアの評価視点

産学官連携の可能性

・多職種連携の研修・事例検討などを企画したい病院・施設・地域のご相談にのります。
・研修プログラムを作成・実施をお手伝いし、評価をいたします。

TOP