Keyword

地域看護学、公衆衛生看護学、災害看護学

自助・共助・互助の視点で共に考える防災まちづくり

佐々木 久美子

看護学群

佐々木 久美子

Sasaki Kumiko

教授/修士(学術)

研究内容・実践活動

東日本大震災以降、自然災害への関心が高まっている現在、防災・減災への取り組みは、地域・企業・自治体・教育現場において多様な展開を見せています。しかし、それぞれの立場で考えていただけでは、今後起こりうる大規模災害において十分な力を発揮することができないであろうことは、過去の災害が証明しています。
東日本大震災後、被災地の大学として中長期にわたり被災した自治体において継続支援活動を展開してきました。その時に培った被災自治体や住民とのつながりを強みに、被災地域としての防災・減災への取り組みを、自助・共助・公助の視点で検討しております。また、学生を含めた地域住民と共に防災まちづくりについての取り組みも進めております。

結いの会・高森東の代表の皆様との話し合いの場面

結いの会・高森東の代表の皆様との話し合いの場面

今後一緒に活動を予定しているボランティア学生の話し合いの場面

今後一緒に活動を予定しているボランティア学生の話し合いの場面

震災後、健康支援をしてきた地域の方々 学生と共に今後の活動のイメージ図

震災後、健康支援をしてきた地域の方々
学生と共に今後の活動のイメージ図

産学官連携の可能性

・自治体、町内会等において防災まちづくりを検討する際に、アドバイスができます。また、災害公営住宅に住む住民同士のコミュニケーションを深めるために、学生と共に健康の側面から継続的な支援活動を行い、地域づくりの一助を担うことが可能です。

TOP