Keyword

母性看護学

助産師は女性の一生に寄り添う専門家です

山本 文枝

看護学群

山本 文枝

Yamamoto Fumie

助教/看護学学士

研究内容・実践活動

女性にとって、妊娠期とは、身体的にも精神的にも、社会的にも大きな変化が起こる時期です。その後の、分娩期、産褥期、育児期へとつながる、親になるための準備期としても大切な時期になります。
私は現在、大きな変化の時期である妊娠期において、切迫早産と診断された女性の自宅での生活の困難と対処に注目し、研究をしております。外来通院で治療を受ける切迫早産の妊婦の困難と対処を明らかにすることで、より良い保健指導の在り方を検討していきたいと考えております。
また、助産師は妊娠・出産・育児に限らず、女性の一生に寄り添う専門家です。女性のライフサイクルを通し、女性を取り巻くすべての人の健康を考えるお手伝いをしていきたいと考えております。

産学官連携の可能性

・正常からハイリスクまで、妊娠・出産・産後に関する情報提供、母親学級や祖父母対象の孫育て教室でのお話が可能です。
・助産学・母性看護学に関する知識提供が可能です。

TOP