Keyword

建築計画

ユーザの潜在的な要望を掘り起こす建築プログラミング

井上 誠

事業構想学群

井上 誠

Inoue Makoto

教授/博士(工学)/工学修士

研究内容・実践活動

建築プロセスの初期の段階に当たる建築プログラミングのプロセス(プロジェクトの発意から設計条件設定に至るプロセス)に関する研究を行っています。
従来、建築のプロセスは一般に設計から始まると捉えられていましたが、複合建築や大規模プロジェクトの出現によって、設計以前に実現すべき建築の基本的な内容が決定されるようになってきました。また、Facility Managementが紹介されて以来、建築実現後のPost Occupancy Evaluation(居住後評価)とともに、設計の前段階での建築プログラミングの重要性が強調されるようにもなってきました。
このような建築プログラミングの研究の一環で、これまでに学校、オフィス、図書館などで実践活動を行ってきました。具体的には、新しい施設計画に関わる基本的な考え方、現状施設とその使われ方、新しく盛り込む内容などの質問書調査や観察調査(写真を用いた課題の発見)に基づいて、主要諸室・スペースの種類・数量・面積規模・平面型の検討、機能的つながりなどの検討を行っています。

主要諸室・スペースの機能的つながりの検討

主要諸室・スペースの機能的つながりの検討

主要諸室・スペースの面積規模、平面型の検討

主要諸室・スペースの面積規模、平面型の検討

写真を用いた課題の発見 食堂スペースの不足

写真を用いた課題の発見
食堂スペースの不足

産学官連携の可能性

・新しい施設の計画に当たって、既存施設の使われ方を把握し、あるべき姿を検討するための現状調査や、設計に対する要求条件をまとめる「建築プログラミング」のお手伝いができます。(基本構想、基本計画策定支援)

TOP