Keyword

水産学一般(資源生態学)

水棲生物の餌料や環境に注目し、より効率的な養殖方法・漁場管理方法を考えます

片山 亜優

食産業学群

片山 亜優

Katayama Ayu

助教/農学博士

研究内容・実践活動

現在、水産資源は減少傾向になり、持続的な利用のためには天然海域の環境と水棲生物の関係を理解する必要があります。また天然の水産資源に依存するのではなく、今後は今まで以上に有用種の養殖技術開発の需要が高まると考えています。
生物の生産において最も重要なポイントは餌です。養殖技術開発においても餌の開発が鍵となると考え、餌の研究に取り組んでいます。
特に二枚貝においては現在、天然海域における餌の不足が大きな問題となっており、その場の餌料環境評価に取り組むとともに、より効率的な養殖方法の提案に向けて研究しております。

二枚貝の新餌料開発のための飼育実験

二枚貝の新餌料開発のための飼育実験

天然海域における餌料環境調査の様子

天然海域における餌料環境調査の様子

産学官連携の可能性

・水産有用種の養殖方法を考えるため、飼育実験や餌の提案などのお手伝いをします。
・より価値の高い水産物の生産のために、養殖環境の評価や水産物の一般成分の分析のお手伝いをします。

TOP