Keyword

生物防除、昆虫病原糸状菌、植物ウイルス

微生物の力で作物を守る

中村 茂雄

食産業学群

中村 茂雄

Nakamura Shigeo

教授/博士(農学)

研究内容・実践活動

環境中には細菌やかびなど、多くの微生物が生息しています。かびやきのこの仲間は、落葉や枯木の分解者として生態系の中で重要な役割を果たしていますが、植物や昆虫に寄生するものも多く存在します。昆虫に感染して死亡させる昆虫病原糸状菌のうち、いくつかの種は生物農薬として登録され、農業害虫の防除に利用されています。また最近では、植物との共生関係により、植物の生長を促進したり、害虫や病原菌の侵害を軽減する効果が期待されています。
このように有用な菌類を身近な環境から見出し、それら土着の菌を活用して農業や生活に役立てる技術開発に取り組んでいます。
1)作物の生育促進・環境耐性付与などに期待がもてる土着有用菌の探索
2)土着菌を活用した環境にやさしい農作物栽培技術の開発
3)農業害虫だけでなく、広く害虫駆除への応用

多様な昆虫病原糸状菌が生息する環境

多様な昆虫病原糸状菌が生息する環境

人工培地上で生育する昆虫病原糸状菌

人工培地上で生育する昆虫病原糸状菌

昆虫病原糸状菌に感染して死んだキアゲハの幼虫

昆虫病原糸状菌に感染して死んだキアゲハの幼虫

産学官連携の可能性

・学内を中心に分離した有用菌の提供
・有用菌を活用した農業資材の提案と試験栽培など、有用菌を用いた商品開発への展開が考えられます。また、作物病害虫防除に関わる資材の評価等の連携も可能です。

TOP