Keyword

バイオマス、バイオリファイナリー、バイオコンバージョン、応用微生物

酵素や微生物を用いたバイオリファイナリーによる廃棄物や未利用資源の利活用

柳澤 満則

食産業学群

柳澤 満則

Yanagisawa Mitsunori

助教/博士(工学)

研究内容・実践活動

再生可能な有機性資源であるバイオマスの中には、廃棄物や未利用資源となっているものがあります。これらを燃料や有用物質に変換することができれば、リサイクルや資源の有効利用をしながら化石燃料の利用の抑制につなげることができます。
当研究室では、酵素や微生物を使ったプロセスにより、バイオマスに含まれる糖から自動車用燃料となるエタノールや生分解性ブラスチックの原料などとして利用できる乳酸を効率的に生産する方法について研究しています。バイオマスとしては、木質、草本、海藻など幅広い種類を対象としており、バイオマスの種類に応じてより良いプロセスについて検討しています。
また、有用物質の生産だけでなく、バイオマスの液体肥料化や堆肥化、生ゴミ処理についても取り組んでいます。こちらは、有機物の分解率を高くするための条件や方法についての検討したり、分解している過程を解析したりすることに取り組んでいます。

様々なバイオマスからの有用物質の生産

様々なバイオマスからの有用物質の生産

産学官連携の可能性

・廃棄物や未利用資源となっているバイオマスを有効利用する方法について提案したり、酵素や微生物を用いたプロセスについては実験室レベルでの実験データを取得したりすることが可能です。
また、バイオマスに関連しないものでも、酵素や微生物を使ったプロセスの実験データの取得や反応の解析・分析も可能です。

TOP