Keyword

食品微生物利用学

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の健康増進作用について研究を行います

島津 朋之

食産業学群

島津 朋之

Shimazu Tomoyuki

助教/博士(農学)

研究内容・実践活動

最近では、乳酸菌がアレルギーや感染症に効くといった宣伝を良く見かけます。ですが、乳酸菌も多種多様な個性を持っていて、全てが病気に効く訳ではありません。では、一体何がその違いを生むのでしょうか。そして、良い乳酸菌とは、腸で、そして体にどういった影響を与えるのでしょう。こういった疑問に答えを出して、より良い乳酸菌を見つける手がかりを発見します。
現在は特に炎症を抑えるような乳酸菌について研究を行っています。この抗炎症機能ですが、例えばアレルギーなどの抑制にもつながることが期待されます。また、この機能をうまく利用すると肥満抑制にもつながる可能性があります。原因を探ってより良い乳酸菌を探す他、新たな機能性についても検討しています。

食品素材由来乳酸菌の選抜・評価・検証

食品素材由来乳酸菌の選抜・評価・検証

産学官連携の可能性

以下のような研究が可能です。
①ヨーグルトはもちろん、漬物など、様々な場所に乳酸菌は存在していますが、こういった乳酸菌を分離し、これらの機能解析を行うことで、商品に付加価値を付けることを目指します。
②新たな機能性について動物、細胞レベルでの検討を行っています。具体的には、抗炎症、抗アレルギーなどの機能性評価をいたします。

TOP