Keyword

人工知能(AI)、脳科学、データ分析、マーケティング、消費者、ビジネスへの活用

マーケティングに応用できる最先端のAI技術

都 世蘭

食産業学群

都 世蘭

Doh Saeran

准教授/博士(商学)

研究内容・実践活動

AIを実際のマーケティングにうまく適応させ、会社や個人にAIがもたらす利益を享受することが可能な時代になってきています。事業の成長や拡大を求める企業としては、AI技術を活用することで製品やサービスの付加価値をさらに向上させることができます。マーケティングにおけるAIは、製造革新、流通、広告などに使われています。

ウェブ上で、どのような商品を購入しているか、どのようなコンテンツを読んでいるかなどの行動データを基に、顧客が購入する確率が最も高い商品を顧客に推薦することやPR方法、価格戦略について研究しています。
実店舗でも、使用者の動向を把握し、いつ、どこで、どのような商品を販売すべきかなどの事前予測を通し、流通の最適化について研究しています。
さらに、未来需要動向を把握し、地域の新製品開発やブランド開発について研究し、消費者の必要に応じた製品とサービスを提供するマスカスタマイゼーションへのAIの活用方法を研究しています。

AIを活用した商品やサービスの開発

     AIを活用した商品やサービスの開発

消費者データ分析による流通の最適化

     消費者データ分析による流通の最適化

産学官連携の可能性

・地域の消費者のデータをベースにして何を求めているかを予測し、ニーズに合った新しい商品開発やブランド開発などで地域に貢献します。
・どこでどのような商品を求めているかをデータに基づいて分析し、高い需要が見込まれる地域を予測することで流通の最適化を行い、地域の流通の円滑化の手助けができると考えています。

TOP