Keyword

外食・中食経営戦略論、食材流通・メニュー戦略、出店政策論、外食・中食統計

野菜生産農家と業務用筋(外食・中食)の契約栽培の実例を調査しています

堀田 宗徳

食産業学群

堀田 宗徳

Hotta Munenori

准教授/法学士

研究内容・実践活動

食の外部率の進展に伴い、ますます、家庭で調理をしなくなり、野菜生産農家が卸売市場を通して家庭用向けに出荷している現状は将来、先細りが予想されます。
そこで、生産農家と業務用筋の橋渡しをすべく、契約栽培等の推進を行っています。
今年から減反政策が廃止され、米の市場動向もどのようになるかわからない状況の中で、野菜への転換も政策的に出てくると思います。
そのようなときに各生産者がどのように野菜生産を実施しているか参考に事例等をお提示できます。

産学官連携の可能性

・現状及び将来の食の状況を説明できるとともに、6次産業化も含めて、業務用食材の流通についてのアドバイスは可能だと思われます。

TOP