ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高校生・受験生向けサイト2016 > カリキュラム・ポリシー(事業構想学群価値創造デザイン学類)

カリキュラム・ポリシー(事業構想学群価値創造デザイン学類)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月30日更新

宮城大学の教育目標

宮城大学は主体性を持って協働的に行動し、社会の持続的な発展に貢献できる人材の育成を教育目標として掲げています。

基盤教育

宮城大学共通の教育基盤として、人間力を高めるとともに、広く深く学び続ける力を養成し、将来にわたって明日の姿を見通す力を身につけるための技法知・学問知・実践知を修得する教育課程を編成します。その中核として、全ての学生が必ず身につけるべき力を養成するための科目群「フレッシュマンコア」を置きます。

【(1)知識・技術】

・諸領域の学問分野における幅広い分野の知識と技術を教授するため、学問領域を社会・歴史・文化を学ぶ「ソーシャルサイエンス」、人間と自然科学を学ぶ「ナチュラルサイエンス」、芸術を学ぶ「アートサイエンス」に分類し、それぞれの領域における基本的知識・技術を教授するための科目群を構成します。また学びの全体を俯瞰するための科目を置きます。

・学生が修得した知識・技術を、実践的に応用できる力に結びつける効果的な教育方法を採用します。

【(2)思考力・判断力】

・自らが修得した知識・技術を基盤に、科学的根拠に基づく論理的な思考力・判断力を養成するため、「フレッシュマンコア」の中に少人数演習およびフィールドワーク等を置き、実践的な課題に取り組む教育を行います。

【(3)表現】

・自らの意見や調査分析結果を文章や口頭で表現し、それらを伝えるコミュニケーション力を養成するため、少人数演習科目において、表現技術とコミュニケーションに関する実践的な教育を行います。

・グローバルなコミュニケーション力と表現力を養成するために、「グローバルコミュニケーション」科目群を設け、世界共通語としての英語をフレッシュマンコアとして位置づけるとともに、その発展科目を置きます。また、中国語、韓国語、ベトナム語の外国語科目として置きます。

【(4)主体性】

自らの将来を見据え、主体的に学ぶ能力を養成するために、「フレッシュマンコア」の中に、大学での主体的な学びを理解するための科目、自らの将来像を考えるためのキャリアデザイン科目を設けます。また、演習科目においても学びの主体性を重視した教育を実施し、自ら学び続けるための力を養成します。

【(5)協働性】

他者との協働性とコミュニケーション力を養成するため、「フレッシュマンコア」の中で少人数演習やフィールドワーク等の協働的な活動を取り入れた教育を実施します。

価値創造デザイン学類

・人間の感性や地域の資源に応じた新しい価値を創造できるサービス・生活環境・製品(ものづくり)を探求創造する能力(価値創造デザイン力)を育成することを目的にカリキュラムを構成します。

・価値創造デザインにおける専門力を高めるため、メディア創造を対象とした「感性情報デザイン」、空間創造を対象とした「生活環境デザイン」に分類し、それぞれを履修コースとして定めます。

【(1)知識・技術】

・事業構想学の学びに共通して基礎となる概念や理論、分析手法を教授するとともに、価値創造デザイン学の基礎となる人間の感性や認知に関する基本的な理論を教授するための専門基礎科目を置きます。それを基盤に履修コースに応じた専門科目を展開します。

・感性情報デザインコースの専門科目では、メディア開発のために必要とされる情報メディアに関する理論やプログラミング技術を教授します。

・生活環境デザインコースの専門科目では、生活環境創造に必要とされる空間構成や構造に関する理論・技術を教授します。

・両コースに共通した関連科目として、ものづくりを対象とした科目群を設け、製品デザインの基礎理論や地域風土に適応したデザインについて教授します。

【(2)思考力・判断力】

価値創造デザインに求められる分析力・発想力・設計力を育成するとともに、実務に必要なプロセスを理解するために、各コースの専門科目と協調した演習科目を置きます。

【(3)表現】

表現力を育成するために、演習や卒業研究に関する自らの発表機会を積極的に設けるとともに、講義科目においても学生の表現力育成を考慮した教育方法を採用します。

【(4)主体性】

・学期毎に設ける専門演習科目では、学生が主体的に創造する能力を育成するための課題設定を行います。

・最終年次においては、学生がそれまでに身につけた分析力・発想力・設計力を総合的に生かして新たな価値を創造できるデザインを行う「卒業研究」を設けます。

・ キャリア教育では、事業構想の諸分野を知り、その中で自分の将来像をデザインできるようにするためのプログラムを取り入れます。

【(5)協働性】

 ・学生の協働性を育むために、学生がチームでプロジェクトに取り組む演習を配置します。また講義科目においても学生の協働性を生かした教育方法を採用します。

・ 実社会における協働能力を養うために、学外でのインターンシップを取り入れたキャリア教育を実施します。

平成28年7月1日制定

このポリシーは平成29年4月1日から施行する