ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高校生・受験生向けサイト2016 > カリキュラム・ポリシー(食産業学群)

カリキュラム・ポリシー(食産業学群)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月30日更新

宮城大学の教育目標

宮城大学は主体性を持って協働的に行動し、社会の持続的な発展に貢献できる人材の育成を教育目標として掲げています。

基盤教育

宮城大学共通の教育基盤として、人間力を高めるとともに、広く深く学び続ける力を養成し、将来にわたって明日の姿を見通す力を身につけるための技法知・学問知・実践知を修得する教育課程を編成します。その中核として、全ての学生が必ず身につけるべき力を養成するための科目群「フレッシュマンコア」を置きます。

【(1)知識・技術】

・諸領域の学問分野における幅広い分野の知識と技術を教授するため、学問領域を社会・歴史・文化を学ぶ「ソーシャルサイエンス」、人間と自然科学を学ぶ「ナチュラルサイエンス」、芸術を学ぶ「アートサイエンス」に分類し、それぞれの領域における基本的知識・技術を教授するための科目群を構成します。また学びの全体を俯瞰するための科目を置きます。

・学生が修得した知識・技術を、実践的に応用できる力に結びつける効果的な教育方法を採用します。

【(2)思考力・判断力】

・自らが修得した知識・技術を基盤に、科学的根拠に基づく論理的な思考力・判断力を養成するため、「フレッシュマンコア」の中に少人数演習およびフィールドワーク等を置き、実践的な課題に取り組む教育を行います。

【(3)表現】

・自らの意見や調査分析結果を文章や口頭で表現し、それらを伝えるコミュニケーション力を養成するため、少人数演習科目において、表現技術とコミュニケーションに関する実践的な教育を行います。

・グローバルなコミュニケーション力と表現力を養成するために、「グローバルコミュニケーション」科目群を設け、世界共通語としての英語をフレッシュマンコアとして位置づけるとともに、その発展科目を置きます。また、中国語、韓国語、ベトナム語の外国語科目として置きます。

【(4)主体性】

自らの将来を見据え、主体的に学ぶ能力を養成するために、「フレッシュマンコア」の中に、大学での主体的な学びを理解するための科目、自らの将来像を考えるためのキャリアデザイン科目を設けます。また、演習科目においても学びの主体性を重視した教育を実施し、自ら学び続けるための力を養成します。

【(5)協働性】

他者との協働性とコミュニケーション力を養成するため、「フレッシュマンコア」の中で少人数演習やフィールドワーク等の協働的な活動を取り入れた教育を実施します。

食産業学群

・ 科学的素養に基づきながら地域資源を活用し国際的視点で食産業の課題を自発的に解決して、未来を開拓できる能力を養う体系的カリキュラムを設置します。

・ 地域に根ざす食資源の高付加価値化や生産方法に関する知識・技術を修得するため、「食資源開発学類」を設置し、動物系食資源を対象とする「動物生産科学」、植物系食資源を対象とする「植物生産科学」の2つの履修コースを定めます。

・ フードシステムの構築に必要なサイエンスとビジネスの両面の知識・技術を修得するため、「フードマネジメント学類」を設置し、主にビジネスを対象とする「フードビジネス」、主にサイエンスを対象にする「フードサイエンス」の2つの履修コースを定めます。

【(1)知識・技術】

・ 基盤教育での基礎科学の修得に基づき、広範な食産業に関する自然科学分野および社会科学分野での知識と技術の修得ができるような基礎から応用に至る体系的な教育を行います。

・ 食資源開発学類では、動物生産科学、植物生産科学の2つの視点から、生物学の基礎的知識、実験や食材生産の基礎的理論等を学修する講義、これらを実践できる実験・実習・演習を専門基礎科目として設置します。さらに専門科目では、動物系および植物系の食資源開発や付加価値生産、また水圏食資源開発に活用できる先端的な知識等を学修する講義、先端的知識を実践できる実験・実習・演習を設置します。

・ フードマネジメント学類では、経営やマーケティング等のフードビジネス、食品化学や食品工学等のフードサイエンスを学修する講義、これらを実践できる実験・実習・演習を専門基礎科目として設置します。さらに専門科目では、戦略的に経営するための関連科目、食品を開発するための生産・管理関連科目の講義、食産業界の問題解決を実践できる実験・実習・演習を設置します。

 

【(2)思考力・判断力】

・ 食資源開発やフードマネジメントの分野で必要な統計的な解析法やエビデンスベースの分析理論等を学修できる専門基礎科目を設置します。

・ 専門科目では、専門基礎科目で学修した分析理論を実際に活用し、食産業における課題の設定、解決法の立案、結果の考察、次の課題の抽出、といった一連のスキームを取り入れた実験・実習・演習を実施します。

【(3)表現】

・ 食資源開発やフードシステムに関する論理的分析や考察について、文章や口頭で的確に表現する機会を積極的に取り入れた専門基礎科目を設置します。

・ 専門科目や卒業研究では、食産業の現状を正確に説明し、持続的発展に寄与できる分析や考察を提示する能力を養うために、ディスカッションやプレゼンテーション、論文作成等を取り入れた成果発表型のプログラムを実施します。

【(4)主体性】

・ 食産業の幅広い視野を持てるよう多様性に富む科目を用意し、将来目標を設定した上で履修科目選択の自由度を認めて学生の自発的な学修を尊重します。

・ 実験・実習・演習の専門科目や卒業研究では、自らの知識と行動により課題発見と課題解決ができるよう探求的プログラムを実施します。

・ キャリア教育では、食産業の現場において、自分の将来像をデザインできるようにするためのプログラムを取り入れます。

【(5)協働性】

・ 相手を理解する上で不可欠な傾聴力、把握力、柔軟性等のコミュニケーション能力を養成するため、個別や少人数のグループで行う活動を実験・実習・演習の専門基礎科目や専門科目、卒業研究に取り入れます。

・ 実験・実習・演習の専門科目、卒業研究等において、教員やグループメンバーとのディスカッションを取り入れたプログラムを実施します。

・ 実社会における協働能力を養うために、学外でのインターンシップを取り入れたキャリア教育を実施します。

平成28年7月1日制定

このポリシーは平成29年4月1日から施行する