ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高校生・受験生向けサイト2016 > フレッシュマンコア

フレッシュマンコア

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日更新

「明日の姿を見通す力」を身につける宮城大学の基盤教育スタンダード

フレッシュマンコア

フレッシュマンコアで学ぶ分野

  • 学びの羅針盤大学での学びに見通しをもちます。
  • 学び続ける姿勢学び続けるための姿勢(主体性と協調性など)や技法(読む・書く・議論するなど)を修得します。
  • 地域に生きる東北・宮城という地域を体感します。
  • 学び続ける道具立て英語・統計(データサイエンス)・情報(コンピュータ) など。

配当単位数(基盤教育全体)

※事業構想学群・食産業学群は(現行)33単位程度 → (改組後)45単位を予定しています。 
※看護学群は25単位で現行から変更はありません。


<科目一例>

地域フィールドワーク(1年前期:2単位)

宮城大学は、地域を元気にするリーダーの素養を身に付けた人材をより多く輩出するため、地域課題と初年次から向き合う「地域フィールドワーク」をフレッシュマンコアに位置づけました。

講 義

フィールドワークとは課題の見つけ方 など

グループ演習

情報収集、ディスカッション、課題設定 など

現地フィールドワーク

聞き取り、地域課題の明確化(沿岸被災地や中山間の過疎地など)

グループ演習・発表

地域課題の調査分析、課題解決に向けた取組の提案