ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > キャリア支援・インターンシップ

キャリア支援・インターンシップトップページ

豊かな人間性と生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を身につけるために、全学共通の基盤教育を活用しつつ、学群ごとに最適なキャリア教育、キャリア形成支援を実施します。

キャリア教育について

宮城大学では、学生の就職やキャリアについて、学生一人ひとりを大切にした親身な対応を行っています。
平成30年度からはキャリア・インターンシップセンターを新設し、学生のキャリア教育、インターンシップ支援を一元的に行い、将来の進路へ向けて学生が自分のキャリアを自ら形成できる充実したサポートを提供していきます。

 キャリア教育

中長期的な視野に立ったキャリア教育

   1年次後期から3年次後期にわたるキャリア科目の講義を通じて、学生自身がじっくりと自己のキャリア形成を考え、実行に移すための機会を提供します。

キャリア教育を通じた豊かな人間性の形成

  キャリア科目でのグループワークやインターンシップなどを通じて、多くの人々や企業などと触れ合うことにより、主体性、実行力、課題発見力、想像力などを養います。

 就職支援

   キャリア開発室が中心となって、就職支援のための実践的な対策セミナーを開催するとともに、専門の指導員が親身になって学生の相談に乗ります。企業による会社説明会を随時開催するほか、OB・OGと意見交換する機会を設けており、学生は多面的に企業と接点を持つことができます。
  本学卒業生の就職先へのアンケート調査(平成28年12月実施)の結果、9割以上の企業・病院等は、卒業生が「期待通りあるいはそれ以上に活躍している」と回答しています。企業・病院からのこうしたご理解が、全国でも有数の本学の就職率を支えています。

 宮城大学が実施する多様なインターンシップ・プログラム

  座学でのキャリア形成教育と連動し、体験型教育として多様なインターンシップ・プログラムを実施します。学内外での様々な「学び」と「経験」を通して社会人として必要な課題発見能力や問題解決能力、コミュニケーション能力などのジェネリックスキルの醸成を促進します。
  2年次生には人間力の育成、仕事を知ることを目的としたプログラムを提供します。3年次生には、大学での学びの専門性を生かし、志望業界・職種を見極める能動的就職活動としてのインターンシップを提供します。早い時期から、学生が自己の職業適性や将来設計について考える機会を与え、主体的な職業選択や高い職業意識の育成を図っていきます。

 キャリア開発室のサポート体制

キャリア開発室

  学生の個性と適性を生かしたライフプランに沿ったキャリアデベロップメントをサポートします。大和キャンパスと太白キャンパスの両方にあり、専門のキャリアカウンセラーが丁寧に応じています。

 ● キャリア形成に関する情報提供

 ● 就職関連のガイダンス、セミナー、合同企業説明会

 ● 個別面談(相談、面接練習など)

キャリア開発指導

  就職や就社を最終的な目標としていた時代は終焉を迎え、個人の学習歴、経験歴、仕事歴の総称として「キャリア」をいかに実り豊かなものにするかが問われる時代になりました。宮城大学は、学生一人ひとりのキャリアの開発に力を注ぎ、学群の特性に沿った進路支援を展開していきます。