ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 法人概要 > 第2回理事会議事録

第2回理事会議事録

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月14日更新
第2回公立大学法人宮城大学理事会(平成21年4月定例会)
開催日時平成21年4月22日(水)15時00分~16時07分
開催場所大和キャンパス本部棟4階 応接会議室
出席者馬渡理事長(兼財務担当理事),白石副理事長(兼人事労務担当理事),保理理事(総務企画担当),武田理事(教育担当),金子理事(研究担当),《5名中5名出席》
菅原監事,成田監事
欠席者なし
事務部小林総務課長,中村学務課長,新妻財務課長,眞山総務学務課長,吉田総務GL
議事概要監事の理事会初出席であることから,理事会の冒頭に出席者の紹介を行った後,今後の監事出席について協議したところ,理事会のつど監事に開催案内を差し上げることとなった。
1 理事会議事録
(1) 第1回理事会議事録の確認について
議事録原案に対する意見を求めたところ,異議がなく,原案どおりとすることが確認された。
(2) 第2回理事会議事録署名人について
今回理事会の議事録署名人として議長のほか,保理総務企画担当理事を指名し,了承された。
2 議  事
 (1)中期計画認可申請について               議案1
 平成21年4月1日付け私文第14号で宮城県知事から指示のあった公立大学法人宮城大学中期目標に基づき,当該目標を達成するための計画を作成し知事の認可を受けようとするものとして,中期計画案を諮ったところ,異議なく原案どおり議決され,このとおり認可申請するものとされた。
 中期計画に関する説明概要は,次のとおり。
 ・ 中期計画の作成及びその認可については,地方独立行政法人法第26条の規定によるものであること。
 ・ 中期計画案の作成については,本年3月まで法人化推進会議及び評価委員会で議論を重ねてきたこと。
 ・ 中期計画案は,できる限り数値目標を盛り込んでおり,また,任期制,年俸制,評価制度,教育改革等中期目標を受け記載しているものであること。
 (2)教員評価・組織評価要綱の改正について         議案2
 平成21年4月1日に制定した「宮城大学教員評価・組織評価要綱」の改正について諮ったところ,異議なく原案どおり議決された。
 要綱改正案に関する説明概要は,次のとおり。
 ・ 法人化以前に制定した「宮城大学教員評価実施要綱」について,昨年12月から,評価委員会内の検討委員会により教員評価方法の検討を行ってきた。現在の要綱は,その検討を反映させた内容で制定したものであること。
 ・ 今回の改正は,本年4月1日以降,主に組織評価について評価委員会で検討してきたものを反映させようとするものであること。
 ・ 教員評価に関する改正点は,1)「教員評価の対象」中,評価項目,ウエイト等の評価基準を明示するため,別表としたこと。2)「教員評価の方法」中,従来から実質的に行ってきた「管理職教員を運営部門の優秀者から除くなどの措置を行う」ことを明文化したこと。
 ・ 組織評価に関する改正点は,学部・研究科,学生部,3センターの主な評価項目を本文でまとめ,それぞれ別表で評価算定方法を定め数値評価し,2年度分を表すものとしたこと。また,学部・研究科評価においては,年度計画達成度も評価するものとしたこと。
なお,教員評価・組織評価の実施状況について,次のとおり報告し,確認された。
 ・ 教員評価は4月15日に確定し,各教員に対して教育,研究,社会活動,管理運営,総合について5段階評価を行い通知していること。これを勤勉手当成績率や,定期昇給に反映させることも通知していること。5段階評価の「1」の教員に対する注意も本日行ったこと。
 ・ 組織評価については,5月に集計を行い,各学部・研究科,学生部,各センターの組織改善経費として追加配分に反映させてゆくものであること。
 (3)学習奨励基金について                 議案3
 平成21年4月1日制定の「公立大学法人宮城大学学習奨励基金規程」及び「宮城大学学習奨励基金実施要領」をうけ,募金事業(基金の募金活動)及び平成21年度の学習奨励事業の実施について諮ったところ,異議なく原案どおり議決された。
 議案に関する説明概要は,次のとおり。
 ・ 当該事業の取扱い条件としては,1)授業料,運営費交付金による運営費の範囲外にある学習奨励,及び,2)奨学資金や授業料免除の対象外となっているものを取り扱うものであること。
 ・ 具体の事業目標は,学習に意欲的な学生の支援であるが,激甚災害等による就学危機にも対応するものであること。
 ・ 基金の目標金額は,5年以内で2億円とし,当分の間,年度の寄付総額の5割以内かつ600万円以内を学習奨励事業に充て,残りを基金に繰入れること。
 ・ 個人寄付は一口5千円で何口でも可とし,法人寄付は一口額を設けないこと。
 ・ 法人役職員には寄付目安額を設け(例 理事長300万円),協力を依頼すること。
 ・ 募金スケジュールは,5~7月に学内寄付申込み,及び,学外募金要領の策定,秋以降に学外募金活動の実施を見込んでいること。
 ・ 今年度の学習奨励事業は要領のとおりだが,海外旅費支援の一人当たり配分額及び人数は今後決定すること,急な就職内定取り消しで卒業延期した学生の後期授業料分を支給することも含めること。
 (4)取引金融機関の指定について              議案4
 公立大学法人宮城大学会計規程第9条の規定により,取引金融機関として株式会社七十七銀行を指定し,平成21年4月1日から適用することについて諮ったところ,異議なく原案どおり議決された。
3 報告事項
 (1)理事長報告
1)法人の発足状況について                報告資料1
 第1回理事会(4月1日開催)時に報告できなかった法人の発足状況について,次のとおり遺漏なく終了したことを報告し,確認された。
 ・ 公立大学法人宮城大学については,平成21年3月19日付け総財務第67の6号及び20地文科高第49の6号により,総務大臣及び文部科学大臣から宮城県知事あてに設立認可されたこと。
 ・ 宮城大学設置者変更認可については,平成21年3月19日付け20文科高第8017号により,文部科学大臣から,「宮城大学の設置者を宮城県から公立大学法人宮城大学へ改める」ことが認可されたこと。
 ・ 公立大学法人宮城大学の法人設立登記を,平成21年4月1日に行ったこと。
 ・ 当法人の就業規則については,職員代表の意見書を添付の上,平成21年4月1日に仙台労働基準監督署長あて届け出たこと。これにより就業規則の発効,職員の法人との労働契約の発効がなされたこと。
 ・ 法人役職員について,理事長及び監事については平成21年4月1日に宮城県知事から,理事及び職員については理事長から同日にそれぞれ任命・辞令交付したこと。
2)第1回経営審議会(4月9日)開催概要について      報告資料2
 平成21年4月9日に開催された第1回経営審議会について,開催概要を報告し,確認された。審議事項は次のとおり。
 ・ 規則等の制定について
 ・ 「公立大学法人宮城大学中期目標・中期計画・年度計画」について
 ・ 予算の編成について
 ・ 「看護学研究科博士課程」の設置申請について
 ・ 学習奨励基金について
3)第1回及び第2回教育研究審議会(4月1日及び15日)開催概要について    報告資料2
 平成21年4月1日に開催された第1回教育研究審議会について,開催概要を報告し,確認された。審議事項は次のとおり。
 ・ 「看護学研究科博士課程設置準備委員会」の設置について
 ・ 学習奨励基金の設置について
 また,平成21年4月15日に開催された第2回教育研究審議会について,開催概要を報告し,確認された。審議事項は次のとおり。
 ・ 組織評価等要綱改正案について
 ・ 学習奨励基金の実施について
  以上 

  この議事録は,公立大学法人宮城大学第2回理事会議事録である。
                       平成21年5月20日
         公立大学法人宮城大学理事会  議 長  馬 渡 尚 憲
                     同        理 事  保 理 昭 泰