ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 法人概要 > 第22回理事会議事録

第22回理事会議事録

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月14日更新
第22回公立大学法人宮城大学 理 事 会(平成22年5月定例会)
開催日時平成22年5月26日(水)15時00分~16時48分
開催場所大和キャンパス本部棟4階 応接会議室
出 席 者馬渡理事長,白石副理事長(総務企画担当),武田理事(教育担当),金子理事(研究担当),佐々木理事(人事労務担当),大和田理事(財務担当),池戸理事(特命事項担当)菅原監事,成田監事
《理事7名中7名出席》
欠 席 者なし
事 務 部千葉事務部長,菊田総務課長,眞山総務学務課長,吉田総務GL
議事概要 1 理事会議事録
(1)第21回理事会議事録の確認について
  議事録原案に対する意見を求めたところ,異議がなく,原案どおりとすることが確認された。
(2)第22回理事会議事録署名人について
  今回理事会の議事録署名人として議長のほか,大和田理事を指名し了承された。

 2 議  事
(1)宮城認定看護師スクールについて 議案1
 宮城県からの受託事業として行ってきた認定看護師スクールが,3年目の平成22年度限りで終了することを受け,当該事業の継続性を検討したことについて,白石副理事長から次のとおり説明があり,法人の独自事業として基本的には継続実施しないことについて諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。ただし,関連団体からの要望などもあることから平成23年度に限り実施することについても併せて承認された。
(説明概要)
・当法人の独自事業としての実施を検討した「認定看護師スクール検討委員会報告」(平成22年3月12日)では,財政支援あるいは専任教員への人的支援がなければ独立採算が可能となることはないと考えられ,当該スクール運営を継続することは困難と結論付けたこと。
・ただし,平成23年度について,入学者の確保,授業料等の増額,○○○○○○○○○○○○○,法人からの直接的費用負担を見込まないなどの条件を設定した収支計算では実施可能であるとの見通しがあること。

(2)宮城大学発明等取扱規程の一部改正について 議案2
 産業化プロジェクト研究に係る実施補償金の割合を百分の五十に新たに設定する「宮城大学発明等取扱規程」の一部改正について,金子理事から次のとおり説明があり,その改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。
(説明概要)
・産業化プロジェクト研究は,本学研究シーズの産業化を進め,研究成果を社会へ提供する「結果」を重視するものであることから,研究者への実施補償金の率を従来の百分の三十から百分の五十に高め,成果の産業化促進を図るもの。
・平成22年5月26日から施行し,平成22年度の産業化プロジェクトに係る特許等を受ける権利から適用するもの。

(3)教員人事の進め方についての一部改正について 議案3
 教員の採用及び昇任人事において学部長等は一次選考の結果を理事長へ報告し二次選考を行うこととする「教員人事の進め方について(理事会内規)」の一部改正について,佐々木理事から説明があり,その改正について諮ったところ,一部文言修正の上,承認された。

(4)事務職員等人事取扱い要綱の一部改正について 議案4
 事務職員等の採用について,公募から合格者決定までの各段階の時期を要綱で定めていたものを,別途実施年度の募集要項で定めることとする「事務職員等人事取扱い要綱」の一部改正について,佐々木理事から説明があり,その改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(5)平成23年度事務職員の採用について 議案5
 平成23年4月1日採用の事務職員を一般5名程度・経験者3名程度とした人事計画書について,佐々木理事から説明があり,この計画について諮ったところ,経験者の採用に係る応募資格について一部修正の上,承認された。

(6)公立大学法人宮城大学賃金規程の一部改正について 議案6
 平成22年6月期以降に支給される勤勉手当の成績率を宮城県に準じて改定することについて,白石副理事長から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(7)公立大学法人宮城大学就業規則の一部改正について 議案7
 特別休暇として新たに育児時間「職員が生後満1年6箇月に達しない子を育てる場合,1日2回合計で90分以内」を追加することについて,佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

 3 報告事項
(1)食産業学研究科博士課程設置申請について 報告資料1
 平成22年5月25日(火)に文部科学省へ提出した食産業学研究過程変更認可申請書(平成23年度の博士課程設置)の概要について,池戸理事から報告があった。

(2)高校訪問について 報告資料2
 平成23年度より実施される入試制度改革について説明し,優秀な志願者確保を図るとともに本学に対する要望等を聴取する高校訪問の実施方針について,武田理事から報告があった。

(3)FD全体会議について 報告資料3
 本年8月3日から6日に渡って行われる「平成22年度宮城大学FD研修会」の全体会の概要及び部会の日程について,武田理事から報告があった。

(4)宮城大学教職員組合とのテニュア・トラック制をめぐる意見交換について 報告資料4
 5月14日に教職員組合から提出のあった公開質問状に対して,5月20日に行った公開回答について,馬渡理事長から報告があった。

(5)平成22年度組織評価について 報告資料5
 6月開催の評価委員会により決定される平成22年度組織評価の原案及び組織評価結果に基づく改善経費の配分(案)について,馬渡理事長から報告があった。

(6)第14回教育研究審議会について 報告資料6
 平成22年5月19日に開催された第14回教育研究審議会の概要について,馬渡理事長から報告があった。

 4 その他
(1)公立大学協会第73回総会について
 平成22年5月25日に開催された公立大学協会総会の概要について,馬渡理事長から報告があった。特に大学基準協会の評価方法の大幅な改定が行われていることについて注意喚起があった。

以上     .
   この議事録は,公立大学法人宮城大学第22回理事会議事録である。
平成22年6月14日   .
公立大学法人宮城大学理事会議 長馬 渡 尚 憲
理 事大和田 克 己