ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 法人概要 > 第43回理事会議事録

第43回理事会議事録

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月14日更新
第43回公立大学法人宮城大学 理 事 会(平成23年6月定例会)
開催日時平成23年6月29日(水)15時00分~16時44分
開催場所大和キャンパス本部棟4階 応接会議室
出 席 者西垣理事長,佐藤副理事長(総務企画担当),井上理事(教育研究担当),佐々木理事(人事労務担当),大和田理事(財務担当),園部理事(地域連携担当),加藤理事(特命事項担当)
庄子監事,成田監事
《構成員7名中7名出席》
欠 席 者なし
事 務 部千葉事務部長,菊田総務課長,小山学務課長,眞山総務学務課長,吉田総務GL
議事概要 1 理事会議事録
(1)第42回理事会議事録署名人について
  議事録原案に対する意見を求めたところ,異議がなく,原案どおりとすることが確認された。

(2)第43回理事会議事録署名人について
  今回理事会の議事録署名人として議長のほか,佐藤副理事長及び井上理事を指名した。

 2 議  事
(1)平成22年度公立大学法人宮城大学業務実績報告書について 議案1
 「公立大学法人宮城大学の業務運営並びに財務及び会計に関する規則(平成21年宮城県規則第38号)」第7条の規定に基づき公立大学法人宮城大学評価委員会へ提出する業務実績報告書について佐藤副理事長から説明があり,この提出について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(2)平成22年度公立大学法人宮城大学決算及び財務諸表について 議案2
 「地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)」第34条の規定に基づき設立団体の長へ提出する財務諸表及び決算報告書について大和田理事から説明があり,宮城県知事への提出について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。
 併せて,同法に基づく会計監査人及び監事の監査報告書を受理していることが報告された。

(3)平成23年度第二次補正予算(案)について 議案3
 東日本大震災の災害対応として必要な予算を措置する第二次補正予算について大和田理事から説明があり,この編成について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。
 併せて,授業料減免(震災枠),学生の健康診断,雇用創出事業等については,今後詳細が明確になった時点で補正予算として計上する予定があることが報告された。

(4)宮城大学研究員取扱規程(案)について 議案4
 日本学術振興会等の公的資金により研究員として採用された者の取り扱いについて必要な事項を定める「宮城大学研究員取扱規程」について井上理事から説明があり,この制定について諮ったところ,原案一部修正の上承認された。また,この制定に伴い「研究員」と「客員研究員」の呼称が生じたことから,関連規程の文言整理も併せて行うこととされた。
(質疑概要)
・この研究員について,法人との雇用関係はない,研究にあたり使用するコピー料等の消耗品なども法人の費用負担がない,単に指導教員と施設等を利用可能とするものと理解してよいか。
→日本学術振興会等の公的資金では,大抵は給与と研究費が支給され,その範囲で研究するので大学での負担はないと理解している。消耗品等については研究員が負担するものだが,指導教員の許容範囲でシェアすることもあると理解している。

(5)公立大学法人宮城大学非常勤職員等就業規則の一部改正について 議案5
 宮城県が行う雇用機会創出事業を当法人が受託するにあたり必要な改正を行うことについて佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(6)公立大学法人宮城大学出納事務決裁規程の一部改正について 議案6
 副出納員の指定について必要な改正を行うことについて佐藤副理事長から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(7)時間外労働実施申請書について 議案7
 「宮城大学大学院担当教員の時間外労働に関する取扱要領」第3条の規定に基づく本年度前期授業に係る時間外労働実施申請について,小野看護学研究科長から「コンサルテーション論」及び「生涯健康支援看護学特論」,金子事業構想学研究科長から「ビジネスマネジメント特別講義」の3科目について説明があり,これらの授業を時間外労働とすることについて諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。
 なお,同要領については今年度限りで廃止することとされ,併せて裁量労働制に伴う出勤確認制度,兼業制度,事務決裁制度の見直しについても今年度において検討することが確認された。

(8)電気の使用制限について 議案8
 東日本大震災により電力供給力が大幅に減少したことに伴う大和キャンパスの節電対策について大和田理事から説明があり,この実施について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(9)「宮城大学 仮設三陸サテライトキャンパス」設立について 議案9
 南三陸町に設営したパオ型テントを「仮設三陸サテライトキャンパス」と称し,当面今年度中において本学の被災地活動拠点等とすることについて園部理事から説明があり,この設立について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。管理経費については,教員研究費等既決予算によることとされた。

 3 報告事項
(1)震災復興特別研究の配分について 報告事項1
 井上理事から,18件の申請中16件に配分決定した震災復興特別研究費について報告があった。

 4 その他
(1)被災学生短期留学奨学プログラムについて
 西垣理事長から,アーカンソー大学フォートスミス校で募集している短期留学奨学プログラムについて,事業構想学部3年の学生2名が最終合格者となったことの報告があった。

(2)大和キャンパス見直しプロジェクトについて
 西垣理事長から,大和キャンパスを対象とした省エネ対策,防災対策等のプロジェクトについて報告があった。

以上     .
   この議事録は,公立大学法人宮城大学第43回理事会議事録である。
平成23年7月27日   .
公立大学法人宮城大学理事会議  長西  垣  克
副理事長佐 藤 廣 嗣
理  事井 上 正 康