ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 法人概要 > 第46回理事会議事録

第46回理事会議事録

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月14日更新
第46回公立大学法人宮城大学 理 事 会(平成23年9月定例会)
開催日時平成23年9月28日(水)15時03分~16時51分
開催場所大和キャンパス本部棟4階 応接会議室
出 席 者西垣理事長,佐藤副理事長(総務企画担当),井上理事(教育研究担当),佐々木理事(人事労務担当),大和田理事(財務担当),園部理事(地域連携担当),加藤理事(特命事項担当),弦本副学長,庄子監事,成田監事
《構成員7名中7名出席》
欠 席 者なし
事 務 部千葉事務部長,菊田総務課長,岩渕財務課長,吉田総務GL,佐々木教務1GL,首藤学務GL
議事概要 1 理事会議事録
(1)第45回理事会議事録署名人について
  議事録原案に対する意見を求めたところ,異議がなく,原案どおりとすることが確認された。

(2)第46回理事会議事録署名人について
  今回理事会の議事録署名人として議長のほか,佐藤副理事及び井上理事を指名した。

 2 議  事
(1)中期的施設整備計画への対応について 議案1
 昨年度,宮城県に示した宮城大学施設整備計画が継続協議とされていたことから,その一部を修正の上提出することについて大和田理事から説明があり,この対応について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(2)平成24年度非常勤教員人件費予算割当ての方針について 議案2
 平成24年度に係る非常勤教員の人件費について大和田理事から説明があり,この方針のとおり定めることについて諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。なお,非常勤講師の任用に当たっては安易に行うことなく,各学部等において経費節減の工夫を要することが確認された。

(3)宮城大学学生ボランティア取扱規程(案)について 議案3
 東日本大震災を契機に地域貢献活動の一環として学生が行うボランティア活動の取り扱いについて定めた「宮城大学学生ボランティア取扱規程」について弦本副学長から説明があり,この制定について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(4)運営会議廃止に伴う関係規則等の一部改正について 議案4
 組織運営の見直しの一環として検討した結果,運営会議を全廃することに伴う関係規則等の改正内容について弦本副学長から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(5)宮城大学研究倫理専門委員会規程の一部改正について 議案5
 研究倫理審査委員会における審査結果の決定要件に係る改正内容について井上理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(6)時間外労働実施申請書について 議案6
 「宮城大学大学院担当教員の時間外労働に関する取扱要領」第3条の規定に基づく本年度後期授業に係る時間外労働実施申請(看護学研究科2科目,事業構想学研究科1科目)について弦本副学長から説明があり,これらの授業を時間外労働とすることについて今年度限りの措置とした上で諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(7)人事計画書(案)について 議案7
 看護学部の成熟期看護学(老年看護学領域)を専攻分野とする准教授1名を平成24年4月1日から採用する人事計画書について佐々木理事から説明があり,この計画について諮ったところ,次の点を訂正した上で承認された。
(訂正個所)
・「任期」を「初任任期4年,再任任期5年」としていることについて,無条件で再任されると誤解を生む可能性があるので,審査の上で再任される旨に訂正すること。

 3 報告事項
(1)公立大学法人宮城大学の業務の実績に関する評価結果(平成22年度)について 報告事項1
 佐藤副理事長から,公立大学法人宮城大学評価委員会による平成22年度の「業務の実績に関する評価結果」について,全体として年度計画を概ね順調に実施している旨の評価があったこと,東日本大震災を踏まえて教育研究・地域貢献などにより復興の大きな力になるよう期待されていることなどが報告された。

(2)宮城県による財務諸表に関する承認・剰余金の使途に関する承認について 報告事項2
 大和田理事から,先に宮城県へ提出していた平成22年度の決算・財務諸表及び剰余金の使途について,いずれも承認されたことが報告された。

(3)平成23年度前期授業料の減免について 報告事項3
 弦本副学長から,本年度前期授業料の減免状況について通常枠と震災枠にわけて報告された。

(4)電気使用制限の緩和について 報告事項4
 大和田理事から,東日本大震災により7月1日から本学に課せられていた15%の電気使用制限については9月2日をもって終了したこと,この期間中制限を超えた使用実績はなかったことが報告され,今後も引き続き節電を心がけることが確認された。

(5)懲戒処分無効確認等請求事件について 報告事項5
 佐々木理事から,停職中の○○学部○○教授が原告,本法人を被告とする懲戒処分無効確認等請求事件の訴状が仙台地方裁判所において8月31日付けで受理されていることが報告された。

 4 その他
 西垣理事長から,他公立大学の剰余金の取り扱いなどに関する話題提供があった。

以上     .
   この議事録は,公立大学法人宮城大学第46回理事会議事録である。
平成23年10月26日   .
公立大学法人宮城大学理事会議  長西 垣  克
副理事長佐 藤 廣 嗣
理  事井 上 正 康