ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > ファームビジネス学科 > 卒業生の声

卒業生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月4日更新

熱意を持って、高い水準の研究を

 株式会社サカタのタネ 君津育種場 板井 恒篤さん
平成24年3月卒業 宮城県仙台第一高等学校出身卒業生の声

 千葉県にある弊社の野菜研究の拠点、君津育種場にてトマトを品種改良(育種)するために、チームを組んでさまざまなトマトを栽培・観察しています。育成した品種は、栽培性が向上すれば生産者が、味がよければ消費者が、貯蔵性や輸送性がよければ流通関係者が喜んでくれます。食に関わる全ての人の喜びにつながっていることに一層やりがいを感じています。
 多くのことは入社後にも学んでいますが、植物育種学や遺伝学、病理学をはじめ、土壌学や作物学など、多くの学生時代の学びが直結しており、いまだに学生時代の教科書を開くこともあります。また、所属していた植物生理学研究室で研究の楽しさや高揚感を経験できたことも、研究職を志したきっかけでした。先生の熱心な指導のもと、実験室にこもって研究に没頭していました。
 弊社はグローバルにも活動しており、外国人スタッフやお客様と触れ合う機会も多くあります。自分もチームの一員として英会話スキルを身につけ、世界をイメージできるグローバルなブリーダーになることが目標です。


板井さんの活躍は「農系学校 進学ガイド 」(イカロス出版、2015年8月出版)でも紹介されています。