ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > ファームビジネス学科 > 最新鋭の精米工程を現地で学ぶ

最新鋭の精米工程を現地で学ぶ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月6日更新
最新鋭の精米工程を現地で学ぶ 12月17日、ファームビジネス学科1年生が、最先端の農作物加工調製技術を学ぶために、舞台アグリイノベーション株式会社亘理工場を見学しました。これは農作物の栽培管理や収穫・調製、農畜物の加工調製技術を学ぶ「食材生産加工実習」の一環として行ったものです。国内最大規模で最新鋭の精米工場で講義を受けた後、各生産工程の設備を見てまわり、鮮度を保つために保管・精米・包装を低温で行うトータルコールド製法や全ロット検査体制を学びました。見学後には活発な質疑応答が行われ、加工調製の先端技術を理解する絶好の機会となりました。