ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > フードビジネス学科 > 豆乳ヨーグルト「ていげん君」の開発について

豆乳ヨーグルト「ていげん君」の開発について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月4日更新

ていげん君 放射性物質による内部被ばくを低減する効果が期待できる豆乳ヨーグルト「ていげん君」の開発に取り組んでいます。
 大豆を原料とした豆乳ヨーグルトには、(1)豆乳成分や乳酸菌が放射性物質を吸着し、体外へ排出する効果、(2)放射線によって発生する活性酸素を抗酸化能により除去する効果、(3)免疫力を高めることで癌などの発生を抑制する免疫賦活化効果が期待されています。
 これまでの試験管レベル(in vitro)での研究で、豆乳ヨーグルトに含まれる乳酸菌、豆乳成分、発酵産物にこれらの効果があることを確認してきました。また、放射性物質の吸着力の高い乳酸菌株を用いた豆乳ヨーグルトを「ていげん君」と命名しました。

※「ていげん君」について詳しく知りたい方は、kinoshih@myu.ac.jpまでお問合せください。

 研究する教員のプロフィール

 フードビジネス学科 助教  木下 英樹