ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > フードビジネス学科 > 在学生の声

在学生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月22日更新

多角的視点から食を学んで疑問を解く

八木 茂樹 さん フードビジネス学科3年/東京都立桜修館中等教育学校出身フード200×204

 食産業学部には食に関するすべての分野のプロ=教員陣がいて、ちょっとした疑問がすぐに生きた教材になる、とても恵まれた環境だと思います。授業で特に印象深いものは「食品加工実習」です。パンや味噌、豆腐、チーズ、缶詰など加工食品を実際に自分でつくることで製造原理をより深く学ぶのですが、その過程でさまざまな発見があり考えも広がりました。例えば、悪だと思われがちな添加物の必要性もそのひとつです。
 今後は、昔から興味のある、香りと食の因果関係や、香りを失わずに残す方法を研究してみたいです。そのために今は基礎を固め、貪欲に知識を吸収していきたいと思います。