ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > フードビジネス学科 > 食材生産実習で餅の製造(餅つき)を実習しました

食材生産実習で餅の製造(餅つき)を実習しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月6日更新
食材生産実習 餅つきの様子食材生産実習は、農作物の栽培管理、家畜の飼養管理、生産物の風味や食味を学ぶ実習です。
7月25日に坪沼農場で、フードビジネス学科の1年生が、餅の製造(餅つき)を実習しました。
餅の起源や製造原理などの講義を受けた後、餅米を蒸して、杵と臼を用いて餅をつきました。餅は、学生自身により小さく丸められ、あんこ餅、きなこ餅、納豆餅、雑煮として食されました。本実習では、農作物の加工法に加えて、加工品の食味も学ぶことができ、充実した内容となりました。