ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 大学からのお知らせ > 食品加工学分野(准教授又は助教 1名)募集

食品加工学分野(准教授又は助教 1名)募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月20日更新

食産業学群教員募集

1 所属食産業学群 フードマネジメント学類
2 職種及び人員准教授又は助教 1名
3 勤務形態常勤
4 専攻分野食品加工学分野
5 担当予定科目

【平成28年度までの入学者】
食と未来(共担)、卒業研究等。
【平成29年度以降の入学者】
畜産食品学、農産食品学(共担)、化学概論(共担)、食材生産・加工実習I(共担)、食材生産・加工実習II(共担)、専門基礎実験(共担)、食品化学実験(共担)、食と未来(共担)、卒業研究サーベイ、卒業研究等。
※食産業学研究科における科目も担当することがある。
※平成29年4月より新カリキュラムで運営しており、担当科目については、採用決定後に調整する場合がある。

6 採用予定年月日

平成31年4月1日

7 任期初任任期4年、再任任期5年(再任審査により可否を決定する。)
2回目の再任審査により再任された場合は、定年退職まで期限の定めのない労働契約に移行する。
8 応募資格   下記(1)~(4)のいずれにも該当する方
(1)専攻分野に関する博士の学位(見込みを含む。)を有するか、それに準ずる研究実績を有する方。なお、大学院生の教育・指導の経験がある方が望ましい
(2)大学における教育・研究に情熱を持ち、学内業務や地域との連携事業等に積極的に取り組むことができる方
(3)大学・行政機関・企業・研究機関等で、上記「4 専攻分野」に関係する豊富な経験を有する方
(4)学校教育法第9条各号に規定する欠格条項のいずれにも該当しない方
9 提出書類(1)個人調書 1部
(2)教育研究業績書 1部
(3)専攻分野に関連させて、「応募理由と宮城大学における教育・研究に関する抱負について」のレポート(A4サイズ、日本語で2,000字程度(任意様式)にまとめたもの。) 1部
(4)主要な論文、著書、報告書など(実物、リプリント又は写し) 3編程度 各1部
(5)研究助成金等の採択状況(代表、分担等の別を記載(任意様式))
(6)照会可能者2名の氏名、所属、連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレス)
  *個人調書及び教育研究業績書の様式については、下記様式をダウンロードすること。
    個人調書及び教育研究業績書 [Excelファイル/21KB]
    記入上の注意事項 [PDFファイル/139KB]
 上記様式をダウンロードする場合には,右クリックで「対象をファイルに保存する」を選んで保存すること。
10 募集期間平成30年8月17日(金)必着
11 選考の方法

(1)一次審査・・・書類審査(論文審査を含む。)
(2)二次審査・・・ア 主要業績プレゼンテーション(20分)
           イ 模擬授業(20分)※学生に対する授業形式で実施すること。
           ウ 質疑応答(30分)
           *助教の二次審査は質疑応答(40分)のみを実施する。
           *選考については、外部専門家を含む審査を行うことがある。

12 応募書類提出先〒981-3298
 宮城県黒川郡大和町学苑1番地1
 公立大学法人宮城大学事務局総務課労務管理グループ
13 問合せ先事務局総務課労務管理グループ 加藤
電話 022-377-8206
E-mail  roumu(a)myu.ac.jp ※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください。
14  その他(1)待遇は、本学就業規則に基づく。給与は、学歴・経歴等により決定する。
(2)法人の規程については、本学ウェブサイトの「法人概要」の「規程集」を参照とすること。
  公立大学法人宮城大学規程集
(3)「公募書類在中 食産業学群(食品加工学分野)准教授又は助教(※希望する職種)」と朱書きして、簡易書留で郵送(持参不可)するものとする。なお、応募書類は返却しない。
(4)二次審査の際の旅費は、自己負担とする。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)