ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 大学からのお知らせ > 「第8回大学人サミットいわてカレッジ2014」の大学自慢コンテストで受賞

「第8回大学人サミットいわてカレッジ2014」の大学自慢コンテストで受賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月17日更新

「第8回大学人サミットいわてカレッジ2014」の大学自慢コンテストで受賞しました

大学自慢発表の様子 大学人サミット参加者

11月15日、16日に岩手県立大学を中心会場として開催された「第8回大学人サミットいわてカレッジ2014」の大学自慢コンテストで、本学のチームが第3位に輝きました。
大学人サミットは全国の大学の教職員や学生を始めとした大学人が国公私立の枠を超えて共に集い、強い大学、個性あふれる大学づくりを語り合う参加型シンポジウムとして毎年開催されているもので、第8回目となる今回は45の大学・関連機関から133人が参加して行われました。

2日目に10大学が参加して行われた各大学の個性を自慢しあう「大学自慢コンテスト」において、本学からは教職員と学生の混合チームとして7名が参加しました。

プレゼンテーションを担当した事業構想学部事業計画学科の2年生2名が中心となり、1万人超の学生を抱える大規模な大学も多く参加する中、視点を変えて規模の小ささをプラス材料とし、熱い想いで堂々と自慢した結果、会場から多くのうなずき、笑い、感動の声があがり、総合第3位に輝いたものです。

参加メンバー

<学生>

事業構想学部事業計画学科 2年 浅野 有汰

事業構想学部事業計画学科 2年 松井 未史

<教員>

看護学部看護学科 教授 佐々木久美子

<職員>

総務課広報グループ 高橋 賢一

企画財務課出納グループ 齊藤 泰功

学務課学生支援第一グループ 久米 宏紀

学務課学生支援第二グループ 吉田 圭俊

※大学自慢参加10大学:新潟大学、岩手県立大学、宮城大学、桜美林大学、東海大学、東京農業大学、松本大学、岐阜経済大学、追手門学院大学、安田女子大学 

評価内容

聴衆を含めた参加者全員が1分間で「ほめるシート」により評価。

評価ポイントは次の5項目。

  • 部門1 学生やキャンパスをイメージできました。
  • 部門2 愛校心が伝わりました。
  • 部門3 仕事や自分の生活に活かしたいヒントをもらいました。
  • 部門4 この大学で働いてみたい、学んでみたいと思いました。
  • 部門5 大学自慢に感動しました。

※この内、部門4において部門最高得点を獲得。


第8回大学人サミットいわてカレッジ2014のウェブサイトはこちら