ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 大学からのお知らせ > 「災害時 大学施設を開放」 河北新報に記事が掲載されました

「災害時 大学施設を開放」 河北新報に記事が掲載されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月24日更新

宮城大学と泉パークタウン町内会・自治会連絡協議会が9月11日に締結した「大規模災害時における大学施設の一部開放に関する協定」についての記事が、平成26年9月23日(火)付の河北新報に掲載されました。
国公立大学と住民組織の災害協定は全国初の試みです。
記事の中では、泉パークタウン町内会・自治会連絡協議会の役員の方々が、本学看護学部の演習施設「ナーシング・ラボ」を見学している様子が紹介されています。

協定締結の経緯と趣旨については「宮城大学と泉パークタウン町内会・自治会連絡協議会が協定を締結」をご覧ください。