ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 大学からのお知らせ > パリ装飾美術館「ジャポニスムの150年」展に,事業構想学群の土岐准教授の漆造形作品が出展されます

パリ装飾美術館「ジャポニスムの150年」展に,事業構想学群の土岐准教授の漆造形作品が出展されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月19日更新

パリ装飾美術館で開催される「ジャポニスムの150年」展において,本学事業構想学群教員,土岐謙次准教授の作品「七宝紋胎割壺姿乾漆透器/Shippomon Vessel 」が出展されます。「七宝紋胎割壺姿乾漆透器」はデジタル技術によって七宝紋を立体化した造形を,1300年の歴史を持つ乾漆手法で表現した意欲的な漆造形作品です。

七宝紋胎割壺姿乾漆透器

・期間:2018年11月15日(木曜日)~ 2019年3月3日(日曜日)
・会場:パリ装飾美術館
・主催:国際交流基金,装飾美術館
・特別協力:東京国立近代美術館
・協賛:H&M,株式会社資生堂,株式会社TASAKI,YKK株式会社
・協力:Heart and Crafts
・総合監修:オリヴィエ・ガベ(装飾美術館長)
・キュレーター:ベアトリス・ケット(装飾美術館アジアコレクションキュレーター)
 川上典李子(ジャーナリスト,21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)
 諸山正則(工芸史家,前東京国立近代美術館主任 研究員)
・アドバイザー:コシノジュンコ(デザイナー)

「ジャポニスムの150年」展とは

装飾美術館の日本美術コレクションと,日本から出品される工芸作品等,さらに,現代の作家,職人,デザイナーらの作品も展示。19世紀後半から現代までの工芸,デザイン,ファッションを横断的に紹介。
 
本展では,パリの装飾美術館の10,000点を数える日本美術コレクションから厳選された作品を中心に,日本から貸し出される作品,日本の影響を受けて欧州で制作された作品を加えて構成し,19世紀後半から今日までの150年にわたる日仏両国の芸術上の相互影響に焦点をあてます。
2,000平方メートルを超える大規模な本展は,発見者,自然,時間,動き,革新という5つのテーマに沿って展開され,美術工芸品からプロダクト・デザイン,グラフィックアート,ファッション,写真も含めて幅広い芸術作品がジャンルを横断して展示されます。
 
参考:Japonismes2018