ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 事業構想学部 > 学部長メッセージ

学部長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

地域に学び、未来を構想し、持続可能な社会を共に創造していこう!

風見学部長
事業構想学部長 風見 正三

  21世紀は、これまでの成長社会から成熟社会に向けた大きな社会変革が求められる時代です。東北地方は、豊かな自然と歴史に恵まれながらも、少子高齢化や地域経済の衰退に直面するとともに、東日本大震災による未曾有の大災害に遭遇し、日本の未来が抱える先進的な課題に対峙しています。東日本大震災は、高度文明社会の問題点を露呈し、持続可能な社会の重要性を提示しました。我々は、こうした教訓を踏まえ、激動する日本社会や世界情勢をリアルタイムで理解しながら、行政、企業、市民等の多様なセクターの連携によって、これまでの社会的な枠組みを超えた持続可能な社会を創造していかねばなりません。

 事業構想学部は、こうした先進的な課題に、事業や地域の創造、空間やメディアのデザインといった学際的な視点と地域社会に密着した実践的な手法によってアプローチし、東北の先端的なフィールドで学びながら、社会状況を科学的に分析する力を養い、それらに基づく戦略的なソリューションを提案できる実践的な人材育成を目指しています。東北の財産は、縄文遺跡や宮沢賢治の作品に代表されるように、豊かな自然と共生する持続可能な生活様式や伝統産業によって培われてきたものです。今こそ、東北の叡智に学び、世界を視野においた、持続可能な未来を共に創造していきましょう。