ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学研究科 > 社会人への配慮

社会人への配慮

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

社会人への配慮・教育状況等

入学者のおよそ9割が社会人学生であり、徐々にその割合も増加していることから、平成21年度より、学則において長期履修制度や教育方法の特例を新たに規定するなど、修学環境整備に力を入れています。

長期履修制度

職業を有し、かつ就業している方で、標準修業年限で修了することが困難である場合や、育児、介護等により標準修業年限で修了することが困難である場合等には、申請後、審査を経て、長期履修の制度を活用することができます。

教育方法の特例

学生の職務状況に合わせて夜間や土曜日・日曜日、長期休業期間の開講や、必要に応じてコンピュータネットワークを利用した指導を行います。