ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学研究科 > 教育方法の特徴

教育方法の特徴

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

博士前期課程

(1)看護現場の実践的課題に応じる理論・方策・技術等の開発を行います。
(2)現任看護職と学部進学者との相互作用効果を生み出す教育を行います。
(3)専門分野を基軸とした責任ある複数指導体制により研究指導を行います。
(4)関係資格(専門看護師)の取得を支援します。

博士後期課程

(1)看護の対象となる人々のライフステージや健康レベル、健康障害の種類・程度、生活の状況、生活拠点等の特性を包括的・横断的な視点でとらえ、統合的・縦断的な視点から生涯にわたる人々の健康と生活の質の向上を目指した看護支援方法の開発・研究を行います。
(2)専門分野を基軸とした責任ある個別指導体制、小集団指導体制、大集団指導体制により研究指導を行います。