ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 環境システム学科 > 在学生の声

在学生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月17日更新

未知の可能性を秘めたバイオマスの研究に没頭

河本 菜緒 さん 環境システム学科3年/鳥取県立倉吉西高等学校出身在学生の声

環境問題を学びたくてさまざまな大学を調べましたが、研究室やカリキュラム内の実験内容がとても面白そうに感じられた宮城大学を志望しました。「食産業基礎演習」での学びを通して、生物由来の再生可能資源として注目されているバイオマスに興味を持ち、2年次から学科の友人たちとバイオマスに含まれるセルロースをエタノールに変換する研究に取り組んでいます。このように、2年生でも自主的に専門の研究を始められる自由度の高さは、先生方との距離が近い少人数制の宮城大学ならではだと思います。語学のカリキュラムも面白く、現地のTV番組を視聴しながら日常会話を学ぶ韓国語の授業が毎週とても楽しみです。