ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 環境システム学科 > 「日本造園学会東北支部大会」ポスターセッションで学生が受賞

「日本造園学会東北支部大会」ポスターセッションで学生が受賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月10日更新

ポスターセッションの様子食産業学部環境システム学科4年生の相沢あすかさん(宮城県宮城第一高等学校出身)が、「平成26年度日本造園学会東北支部大会」のポスターセッションにおいて優れた報告を行った学生に対して授与される優秀学生賞を受賞しました。
この大会は「自然と向き合う技術の継承と展望 白神山地~岩木山麓の場合」をテーマとして、青森県において10月25日に開催されたものです。
ポスターセッションでは、本学のランドスケープデザイン研究室(森山 雅幸教授)の学生2名を含む4大学9名の学生が事例・研究発表を行いました。

相沢さんの研究テーマ:宮城における有用植物を用いた空間に関する研究

※受賞した相沢あすかさんの在学生メッセージも掲載しています。
在学生メッセージ