ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 環境システム学科 > 生物化学工学研究室

生物化学工学研究室

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月12日更新

柳澤 満則 (環境システム学科/助教)

バイオテクノロジーを用いたバイオマスからの燃料や工業製品の生産

 循環型社会を構築するためには、再生可能な資源であるバイオマスの利活用が必要です。バイオマスとは再生可能な生物由来の資源のことであり、現在化石燃料から生産されている様々な燃料や工業製品の代替品をバイオマスから生産することができます。
 当研究室では、バイオマスに酵素や微生物を作用させることによりエタノールや乳酸等の有用物質を生産するプロセスについて研究しています。バイオマスとしては、竹、稲わら、海藻を主に使用し、前処理方法や酵素、微生物の種類について検討したり、遺伝子組換え技術も応用したりすることにより、低コスト、低エネルギーで有用物質を生産可能なプロセスの開発を目指しています。

  当研究室の研究概要

生物化学工学研究室概要