ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 事業計画学科 > 藤原ゼミが企業と連携して商品開発を行いました

藤原ゼミが企業と連携して商品開発を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月4日更新

オンラインショップの活性化と商品開発  事業計画学科藤原ゼミに所属する学生と仙台エアポートサービス株式会社が共同で「蔵王クリームチーズ大福」を企画開発しました。
 このプロジェクトは、宮城を旅行した人が、仙台空港のショップでお土産を買い、帰ってからも「そらみやげ亭」でお土産を買うという流れを作ること、さらに、宮城県の食材を使った仙台空港でしか買えないお土産の開発をすることで、Webショップと実店舗が連携し、活性化していくことを目指すものです。
 今回の商品は、若い女性をターゲットに設定し、調査や検討、提案を重ねながら開発を進めてきました。さらに、パッケージデザインはデザイン情報学科の学生が作成し、より魅力的な商品を目指しました。両学科の学びが具現化されています。

 仙台空港の売店で平成27年12月24日から販売を開始した「蔵王クリームチーズ大福」は、大好評につき予定数量に達したため、販売を終了しました。

※Webショップ「そらみやげ亭」における今後の販売は未定です。


藤原ゼミ学内で実施した企画提案のプレゼンテーション

<写真>昨年度に学内で実施した企画発表会の様子。