ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 事業計画学科 > 在学生が語る 事業計画学科の学び

在学生が語る 事業計画学科の学び

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月6日更新

多彩な教授陣による充実の講義。
実践的なフィールドワークからもビジネス感覚が身につきました。

千葉さやか

 

千葉 さやか さん
事業計画学科4年
宮城県佐沼高等学校出身


 

 

 

Q1. どんな理由でこの学科を選びましたか?

アパレル業界の企画開発に興味があり、経済学的見地に加えて、より実践的な方法論も学べると思い入学しました。オープンキャンパスで見学した校内の建築や雰囲気が、とてもおしゃれだった点も選択する上で大きなポイントになりました。

Q2. 印象に残っている授業は何ですか?

「販売促進」では、企業の具体的な販売分析や販売戦略を通して、ビジネスに必要不可欠な知識を学びました。民間企業からいらした先生が多く、講義ひとつとっても実際の経営の世界が想像しやすい点が魅力です。

Q3. 特に身になった授業はありますか?

フィールドワークを重視する宮原教授のゼミに所属し、楽しみながら実践力を養っています。旅行会社が主催した「大学生観光まちづくりコンテスト2014」にも参加し、青森県の「桃」をテーマにしたツアープランを企画しました。

Q4. 将来の目標は何ですか?

さまざまなカリキュラムを通して自分の視野がどんどん広がり、金融の世界など、これまで目に入らなかった分野にも興味が湧いています。就職活動の場を有意義に活用しながら、自分の道を見つけていきたいと思っています。