ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > コンボケーションデイ2018秋を実施しました

コンボケーションデイ2018秋を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月26日更新

コンボケーションディは、学生同士のコミュニケーションをテーマとした交流企画です。
ブラインドサッカーを題材とした春に引き続き、秋は宮城大学のアイデンティティである「食」をテーマに、学群を越えて交流活動を行いました。

実施概要

・実施日  / 平成30年9月20日(木曜日)
・開催場所/ 宮城県内の企業や団体、宮城大学太白キャンパス
・参加者  / 新入生
 

午前

 学群毎の12グループに分かれて、宮城大学の卒業生が活躍しているなどの、地域の食に関する企業や団体を訪問。見学を通して、宮城大学と地域社会との結び付きを認識するとともに、「食へのこだわり」を学び、理解を深めました。

ご協力いただいた企業・団体一覧

  (敬称略)
 ・株式会社佐浦
 ・独立行政法人農林水産消費安全技術センター 仙台センター
 ・仙台中央食肉卸売市場株式会社
 ・株式会社仙台秋保醸造所
 ・仙台合同庁舎(東北農政局等国の出先機関)
 ・白石食品工業株式会社 仙台工場
 ・伊藤ハムデイリー株式会社
 ・古川農業試験場
 ・株式会社ゼルコバドリーム
 ・株式会社菓匠三全
 ・山元いちご農園株式会社
 ・一般財団法人蔵王酪農センター

 kigyohoumon

昼食

 太白キャンパスに集合し、食産業学群の西川教授が開発に携わった『赤皿貝炊き込み飯弁当』を、開発秘話をまとめた映像を見ながら味わいました。

bento

午後

 太白キャンパスは、敷地内に食品加工棟をはじめ複数の研究棟や実験棟、学内農場や水田等があります。
 3つの学群が混在する8~10名のグループに分かれて、「食」に関するグループワークや太白キャンパス探検ラリーを行いました。
 探検ラリーの得点上位3グループには、「太白キャンパス産のお米」が贈呈されました。

tanken


プログラムの詳細や,当日の様子については,リーフレットに記載されています。
リーフレットは,参加学生の事後学修のために製作されたものです。
PDF版は下記画像をクリックするとご覧いただけます。

コンボケーションデイ2018秋リーフレット

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)