ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > ビブリオバトルみちのく決戦に進出決定!

ビブリオバトルみちのく決戦に進出決定!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月7日更新

平成26年2月22日(土)に青葉区中央市民センターで開催された「ビブリオバトル宮城県予選会」で、本学学生の庄子公美子さん(事業構想学部事業計画学科1年)、高橋佳帆里さん(事業構想学部事業計画学科1年)が1位、2位となり、平成26年3月21日(土・祝)<開催時間:未定>にアエル1階アナトリウムで開催される「ビブリオバトルみちのく決戦」に進出することとなりました。

庄子公美子

チャンプ本(1位)となった「伝え方が9割」を紹介した庄子公美子さん                             

髙橋かほり

 「トリツカレ男」 を紹介し、2位となった 高橋佳帆里さんの練習の様子


‐ビブリオバトルとは?‐
「ビブリオ」は書物などを意味するラテン語由来の言葉で、「ビブリオバトル」とは、立命館大学情報理工学部の
谷口忠大准教授が考案した、ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの「書評合戦」です。
ビブリオバトラー(発表者)たちが、おすすめ本を持ち合い、1人5分の持ち時間で書評した後
バトラーと観客が一番読みたくなった本、「チャンプ本」を決定します。

                                                 (ビブリオバトル2013より)