ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > CR(キャンパスレンジャー) 学生の声

CR(キャンパスレンジャー) 学生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月15日更新

取材:大和キャンパス 学生広報部

ポイント答えてくれた学生は、事業計画学科3年 橋浦さん

CRに入ったきっかけは何ですか?経緯を教えてください。

オープンキャンパスに参加した時、ツアーをしてくれたキャンパスレンジャーの明るい先輩に憧れて入りました。キャンパスツアーのおかげで、学生目線の宮城大学を知ることができ、宮城大学に入りたいという気持ちを高めることができました。そこで、自分もキャンパスレンジャーに入って、高校生に同じように伝えたいと思ったことがCRに入った主なきっかけです。

CRで活動していく中で楽しいと感じることは何ですか?また、大変だなと感じることも教えてください。

オープンキャンパス等の駐車場誘導や清掃活動などのボランティア業務をした際に、大学教職員の方や関係者に感謝をされると、やってよかったなと感じます。また、CRの仲間と一緒に1つのことを成し遂げることへの達成感も楽しいと感じることです。大変なことは寒い中での駐車場誘導ですね。

CRに入って学んだことや役に立ったことはありますか?

CRは看護学部の人数が多いので、事業構想学部の私にとっては看護特有の考え方などに触れることができてとても勉強になりました。また、CRは宮城大学創立当初に設立された団体なので、設立時の熱い想いなどにCRの歴史を通して触れることができました。

橋浦さんの思うCRの良いところは何ですか?

志の高い学生が多いことだと思います。大学に貢献したい、オープンキャンパスでのキャンパスツアーや学生相談などの活動を通して高校生に宮城大学の良さを伝えたい、ボランティア活動をしたいなど、それぞれが思いを持ってCRに入ってきます。そのため、CR設立当初の理念に基づく「よりよい宮城大学づくり」に貢献できていると思います。

新入生・高校生のみなさんに一言お願いします。

オープンキャンパスや入試などで私たちキャンパスレンジャーを一度でも見たことのある人は多いと思います。みんな元気で明るく、とても楽しい団体です。宮城大学に貢献したいと思う学生は、是非キャンパスレンジャーへ!

 

 

 

 (取材:大和キャンパス 学生広報部)