ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 娘すずめ。学生の声

娘すずめ。学生の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月11日更新

取材:大和キャンパス学生広報部


ポイント答えてくれた学生は、看護学科3年 小島さん

娘すずめ。の活動内容を教えてください。

基本的に出演依頼をいただいたときに練習を行っています。娘すずめ。の3大行事として、5月の仙台青葉まつり、10月の大学祭、12月のSENDAI光のページェントがあります。その際は、1か月程前から週に3回、体育館や講堂、池前広場にて練習を行っています。

娘すずめ。に入ったきっかけは何ですか?経緯を教えてください。

高校3年のときに宮城大学オープンキャンパスに参加し、その際に講堂で演舞を見たということが、私とすずめ踊りとの出会いです。福島県出身ということもあり、すずめ踊りは存在自体を知らなかったのですが、たまたま見た演舞に感動し、宮城大学に入学したら絶対入ろうと思っていました。

娘すずめ。で活動していく中で楽しいと感じることは何ですか?

私は踊り手として活動しているのですが、お囃子の演奏に合わせて、みんなの踊りが揃ったときや、お客さんを喜ばせることができたときがとても楽しいです。私たちの演舞を見てお客さんも笑顔になっていたり、拍手や「良かったよ!」というお言葉をいただいたとき、本当にすずめ踊りをやってて良かったなと感じます。

娘すずめ。での経験が役立ったなあと思うことはありますか?

人前で踊りや演奏を披露するので、今では大勢の方の前でお話しする時に、緊張することがあまりなくなりました!
また、所属人数が多く、同学年だけでなく先輩や後輩とのつながりも強いため仲間が増えます!勉強のアドバイスももらえるかも…!?

小島さんの思う娘すずめ。の良いところは何ですか?

メンバーの仲が良いことです!みんなで楽しみながら演舞を作り上げて、お客さんを元気づけられたときに嬉しさや達成感を味わえます。すずめ踊りだけでなく、サマーキャンプや芋煮会、忘年会などの行事もあり、その中でも先輩・後輩と仲を深めることができます。

最後に、新入生・高校生のみなさんに一言お願いします。

ほぼ全員がすずめ踊り未経験で始めました。私たちと一緒にすずめ踊りを楽しんでみませんか?男女ともに大歓迎です!入学後、練習の見学やお花見にぜひきてみてください!娘すずめ。一同、お待ちしてます!

活動の詳細はこちらから

 (取材:大和キャンパス 学生広報部)