ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 新入生交流会・ビブリオバトル

新入生交流会・ビブリオバトル

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

新入生交流会

宮城大学では、今年度初の試みとして「新入生交流会」を実施しました。
新入生が入学後の早い段階で、大学生活を共にする新入生同士、先輩、教職員等と良好な関係を築くとともに
普段は大和と太白のキャンパスに分かれている宮城大生の一体感を養うことを目的としたものです。

第1回目である今回は、蔵王町内のホテルに泊まり、1泊2日の日程で行いました。
1日目は、蔵王町内の施設を見学後、ハートランドで昼食を取りつつ、羊やヤギとたわむれたり
フリスビー等の軽いスポーツを楽しみました。

施設見学・蔵王酪農センター画像  ハートランドで昼食画像
     施設見学:蔵王酪農センター            ハートランドでお弁当

ハートランドで食後の運動
      ハートランドで食後の運動

ホテル到着後は、蔵王町長から歓迎のご挨拶と町の観光PRキャラクター「ざおうさま」の歓迎ダンスが披露されました。
学生時代の体験や読書の重要性について学長から講話を伺い、その後、ビブリオバトル予選・準決勝を開催しました。
新入生全員が、自分が読んで面白いと思った本をグループごとに紹介し合い、最終的には12名の決勝進出者が選出されました。

学長・ざおうさま・蔵王町長画像
  開会式(学長・ざおうさま・蔵王町長)

2日目は、みやぎ蔵王えぼしスキー場内を散策し、昼食のバーベキューで2日間の活動を振り返りながら
全日程を終了しました。
みやぎ蔵王えぼしスキー場散策画像 バーベキュー画像
   みやぎ蔵王えぼしスキー場散策     強風のためレストハウス内でバーベキュー

ビブリオバトルについて

大学では基礎学力や専門知識だけでなく、人間力を養うことが重要です。
読書習慣や友人との語らいなど人間力を養うために必要な学びのきっかけづくりができるよう
交流会の中でビブリオバトルを開催しました。

ビブリオバトル予選画像 ビブリオバトル準決勝画像
      ビブリオバトル予選                    ビブリオバトル準決勝


ビブリオバトルとは
・発表参加者が「読んで面白いと思った本」を持って集まる。
・順番に一人5分間で本を紹介する。
・それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
・すべての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い
 最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。


7月に開催された夏のオープンキャンパスにおいて、ビブリオバトル決勝戦を開催し
交流会で勝ち抜いた12名の決勝選出者がプレゼンテーションを行いました。

ビブリオバトル決勝戦大和決戦画像  ビブリオバトル決勝戦太白決戦
   ビブリオバトル決勝戦-大和決戦-       ビブリオバトル決勝戦-太白決戦-

決勝選出本

著者名

書名

決勝戦結果

三島由紀夫

金閣寺

 

小池龍之介

考えない練習

 

ルイス・トロンダイム

Mister O

大和準チャンプ本

水野敬也

雨の日も晴れ男

大和チャンプ本

アレックス・ロビラ, フェルナンド・トリアス・デ・ペス

Good Luck

 

金子哲雄

僕の死に方

 

森見登美彦

新釈 走れメロス

 

湊かなえ

夜行観覧車

太白チャンプ本

伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り

 

有川 浩

レインツリーの国

 

ひすい こたろう

あした死ぬかもよ?

太白準チャンプ本

野中 柊

きらめくジャンクフード